テニスエルボー(テニス肘)に悩んでいるプレーヤーに力強い味方が登場しました!
◆肘の痛みを我慢しないでテニスができる。
◆肘の事を気にしないで思いっきりプレーできる。
◆テニスを100%エンジョイできる。

このために開発されたリハビリキット、それが、SysTube”エルボートレーナー“です。
このキットを使って、1日10分リハビリをすることにより、テニスエルボー(テニス肘)の克服と予防、そして強い体を作ることができます。

1日僅かな時間のトレーニングで、テニス肘を治す

患部をしっかり鍛えて、打球時の打撃の衝撃に負けないようにし、テニスをもっと楽しみましょう。

簡単なリハビリ・トレーニングを週3回~4回、一回につき10分程度行うことで、
テニス肘を治すことが出来ます。

手首と肘を動かす筋肉をしっかり鍛えて、患部周辺の筋肉が打撃の負担に負けないようにしましょう。

エルボートレーナーを使ったトレーニング例(4つ)
①手首の伸展運動

手のひらを下に向け、ハンドルを持ち、肘を固定しながら、手首を上方向に曲げてください。
手首を曲げる前腕の筋肉が強化されます。

②手首の回内運動

手のひらを上に向けるように、ハンドルを持ち、親指を外から内側に向けるように、手首を回内(かいない)してください。
腕をひねる前腕の筋肉が強化されます。

③ 肩の外旋(がいせん)運動

テニスエルボーになる間接的な大きな原因の一つは肩のインナーマッスルの弱さだと知られています。肩が弱いと、打球時の大きな衝撃を肘で受けてしまうため、テニスエルボー(テニス肘)になりやすいのです。肩と腕を安定させるインナーマッスルもしっかり鍛えましょう。
ハンドルを持ち、肘を90度に曲げ、肘の角度を変えずに内側から外側に重さを感じるようにチューブを引っ張ってください。肩の後ろ部分のインナーマッスルを鍛えます。

④ 運動連鎖エクササイズ

正しい体の使い方でボールを打つことにより、肘への負担が減ります。体全体を使って打つ感覚を身に付けるエクササイズができます。体全体でバランス良く打つ事ができ、腕への負担を軽減することができます。
ラケットアダプターを使って、チューブをラケットに取付け、チューブを腰に巻いて、スイングします。
腰のひねりと腕を振るタイミングをチューブの抵抗で感覚をつかむことができます。一番力が入るタイミングでスイングを行ってください。体全体を使ってスイングします。
実際にラケットにチューブを装着し、テニス特有の運動に特化したエクササイズを行うことによって、より実際の動作に近い運動での周辺筋力の強化が行えます。

***上記の運動は一例です。実際は10の基本エクササイズと、ラケットアダプターのエクササイズがあります。商品には、簡単でわかりやすい説明書が付いています。***
このリハビリ運動を週3日~4日、1日に15回を2セットほど行う事で、2週間ほどで違いが感じられるでしょう。
1日10分の時間、積極的にリハビリをする事で、テニスエルボーは治せるのです。
大好きなテニスを、思いっきり楽しめるのです。

従来のエルボーグッズは?

従来のテニスエルボーグッズは患部を守ったり痛みを軽減する事を目的としたものがほとんどです。
そして、多くの誤解を招くこととなってしまったのです。
テニスエルボーは・・・
1)休めば治る。
2)サポーターを付ければ治る。
3)痛み止めを飲めば治る。
4)注射を打ってもらえば治る。
5)道具(ラケット)を変えれば治る。
このような考え方では、残念ながらテニスエルボーの根本解決にはなりません。一時的に痛みを消し、痛みを隠すこととなり、痛みは消えても結果的に再発の可能性が高くなってしまうでしょう。
正しい知識と、原因を治すトレーニングを実施しましょう。

テニスエルボーリハビリキット ”エルボートレーナー”

Sys-Tubeテニスエルボーリハビリキット”エルボートレーナー”は、テニスエルボー(テニス肘)のリハビリから競技復帰までをサポートするため専用に作られたリハビリキットです。このキットはリハビリ初期の簡単な運動で患部周辺の筋力をアップすることから、ラケットにチューブを取り付けることでテニスの基本となる運動連鎖の習得まで、このキット一つでできます。
▼”エルボートレーナー”には、2種類の強度のショートチューブ、1種類の強度のロングチューブ、専用ハンドル2本、ラケットアダプター1つ、ドアアンカー1つ、使用法DVDがついてきます。
elbow_01.jpg
基本運動は25cmのショートチューブを使います。SysTubeテニスエルボーキット”エルボートレーナー”には、一般に市販されているものより強度が弱い、リハビリ専用強度のイエロー(黄色)が含まれていますから、痛みが治まったらイエローチューブで筋力強化を開始できます。その後、段階的に強度の強いチューブに移行します。イエロー(黄色)→パープル(紫色)の順番で強度を上げていきます。
クリップ式のシステムチューブなので、どこでもリハビリエクササイズができてさらに便利です。フェンスにクリップを引っ掛けたり、ドアアンカーの使用でドアや隙間に挟んで、エクササイズが行えます。専用ハンドルと簡単に着脱できるようになって使い方も簡単です。またハンドルを使用することにより、チューブをギュっと握るために生じる余計な力は必要がないために、肘に掛ける負担を軽減しながら、周辺筋力のアップが出来ます。
ラケットアダプターを使った運動はグリーン(緑色)のロングチューブを使います。
また、10個の基本リハビリメニューの説明用DVDと、ラケットエクササイズの説明書も付いています。
使用説明書(PDF)
アクティブリハビリ・カルテ(PDF)

アメリカのスポーツリハビリ

アメリカのスポーツリハビリは日本と比べて大分進んでいます。かなり積極的なリハビリプログラムが行われています。
怪我から、プロ選手の早い復帰を可能にしているのは、正しい対応と、早い段階からインナーマッスルの強化等の積極的なリハビリをしているからなのです。
私達もプロ選手のように、アクティブにテニスエルボーを治して早い復帰に努めましょう。

Rehab Japan

Sys-Tubeテニスエルボーリハビリキットはスポーツリハビリ専門店、Rehab Japanから発売された商品です。Rehab Japanでは海外のプロトレーナーや選手達が使用するリハビリ器具や専門的トレーニンググッズを取り扱いしています。Rehab Japanは、スポーツ障害で悩む人々に『SOLUTION=解決方法』を提供することをコンセプトにして、スポーツ障害で悩むプロ選手や一般のスポーツ愛好家の皆様が一日でも早くスポーツに復帰できる事と再発しない事を望み、専門的な知識と海外とのネットワークを利用し、つねにベストなソリューションを提供してします。
テニスエルボー以外のスポーツ障害に悩んでいる方も、Rehab Japanでソリューションと用具をそろえることが可能です。