ジョコビッチノバク・ジョコビッチのサービス。ジョコビッチは2011年、シーズン開幕から7大会連続優勝、圧巻の41連勝をやってのけました。ジョコビッチが強くなった1つの理由にサービスの進化があると言われています。
そのジョコビッチが全仏オープンでプレーしたサービスの写真を例に、脱力テニスのポイントを解説していきます。

200kmサービスの秘密

トッププロは200キロを超えるサービスを打ちます。
あまり知られていないかもしれませんが、そのパワーの秘密には大きく背骨が関係しています。
全仏オープンでのジョコビッチのサービスから、そのヒントを学んでいきましょう。

ジョコビッチのサービス [全仏オープン2011]  ※写真はクリックで拡大

ジョコビッチ ジョコビッチ ジョコビッチ ジョコビッチ
Check! 背骨
①~④トスを上げトロフィーポーズをとった段階で胸をトスの方向に向けるくらいに、
背骨(せぼね)を反(そ)っている。腰を反っているのではなく背骨を反っている点に注目して欲しい。この時点では、この後に足元からのパワーを末端のラケットに伝え易くする為に、上半身をとても脱力させている。
ジョコビッチ ジョコビッチ ジョコビッチ ジョコビッチ
Check! パワーの伝達1
⑤~⑥足を伸ばして行き、足元からのパワーを上に向かって伝えている。
⑦の時点でそのパワーは背骨を伝わって腰から胸に伝わり、⑧で胸から肩に、伝達される。
ジョコビッチ ジョコビッチ ジョコビッチ ジョコビッチ
Check! パワーの伝達2
そのパワーは⑨で肩から肘へ、⑩で肘から手首へ、⑪で手首からラケットへ
そして⑫直前のインパクトの瞬間に末端のラケットへパワーが伝達されている。
ジョコビッチ ジョコビッチ ジョコビッチ ジョコビッチ
Check! 上方向へのパワーの伝達
インパクト後ラケットがかなり振られた⑭の時点でもまだ身体が空中に浮いている状態であるということが、打点の方向(上方向)に向かってパワーが伝達されたという証拠だ。
Check! 左足コート内着地
⑯最後、左足でコート内へ着地(右利きの場合)しているのですが、一般プレーヤーの多くはインパクト前に力んでしまい、そのために腰が引けて着地がベースラインの後ろになってしまったり、打った後に左に身体が傾いてしまったりしています。
しっかりと背骨をみぞおちの後ろで反って、上方へ力を伝えることができてくると、バランス良く身体を保つことができて、その分、ロスなく力をボールへと伝えることが可能になります。

※写真撮影:Hiroshi Sato、写真はクリックで拡大

★背骨を反り、上半身は脱力★

特に一般プレーヤーが真似して欲しいところは、2点あります。
1つは⑦の背骨を伝わってパワーが胸に流れるところ。この時点で、”みぞおち”の裏側辺りの背骨を反っておくことで、下半身から来るパワーをロスなく肩や腕、ラケットへ伝えることが可能になります。
下半身からのパワーが使える分、上半身で余計な力を入れる必要が無くなり、逆に上半身の力を抜けば抜くほど、スムーズにパワーをボールへ伝えることができます。より楽によりパワーのあるサービスを打つ秘密はここに隠されています。

★インパクト後の身体の姿勢★

もう1点は、⑭の振り抜いた後も身体が起きている点。
身体でつくり出した大きな力は、≪ボールへ≫伝えられるべきで、相手コートへ向かって伝えられるものではありません。
多くの一般プレーヤーはここを間違っているため、身体がお辞儀をしてしまい100%の力をボールへ伝えることができずにいます。ボールへ100%の力が伝わったからこそ、ボールは凄い勢いで相手コートへと飛んで行くということをしっかりと認識して練習してください。
上空にあるボールへ100%の力を伝えたら、その結果として自然とインパクト後に身体は前傾にならずに起きている状態になります。
200キロを超えるサービスも腕力に頼っている訳ではなく、上半身を上手く脱力させることで、足元からの大きなパワーを滑らかにボールへと伝えることで打っているのです。
テクニック解説:榊原太郎(さかきばら たろう)