ロジャー・フェデラーリラックスした状態から放たれた理想的なサーブ
そのコツを4大大会での優勝回数、最多の16回(記録更新中)を誇る王者、ロジャー・フェデラーから学ぶ。後ろ足を引き寄せないバランス重視のスタンスをスタンダードにしたまさにサービスの完成形!!
無駄がなく、リラックスしたフォームは理屈抜きにコピーしたいショット。
解説は、元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ

フェデラーのリラックスしたバランスの良いサーブ[2010全豪オープン]

ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー
Check! リラックスしたテークバック
①~⑤両手と体がトの字のバランスを通過してトロフィーポーズに向かう。ラケットを担ぐ動きがリラックスしている。
ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー
Check! 理想的なトロフィーポーズ
⑤右足を左足に寄せず足を広げたままのバランス重視のスタンス。綺麗なトロフィーポーズができている。
トロフィーポーズとは、トロフィーの上に乗っているサーブの形をした銅像のポーズ(肘90°、腕90°)。
ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー
Check! 下半身の力の伝達
⑦~⑩膝を曲げ、下半身で作ったパワーを上半身へ伝える。左手が下がっていくのと同時に右手が上がっていくバランスの良さがが感じられる。
⑪伸び切ったところでインパクトしていることによって、一番力が伝わった状態を作り出している。
ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー
Check! 良いバランスでのフィニッシュ
⑫~⑯ボールを投げるように腕を前方に出す。次の動きが素早く出来るよう、目線は真直ぐ。
⑯打ち終わりも上体も起きていて姿勢が良い。

casio_exilim

インパクト写真はクリックで拡大

テクニック解説

谷澤英彦元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ
写真撮影:Akio Matsumoto

撮影はCASIO HIGH SPEED EXILIMスイング分析できるデジカメ登場!