ロジャー・フェデラーボレーのようにコンパクトなリターン
そのコツを4大大会での優勝回数、最多の16回(記録更新中)を誇る王者、ロジャー・フェデラーから学ぶ。コンパクトなスイングの中にフェデラーならではの足さばきや身体の使い方など見所満載!!

解説は、元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ

フェデラーのブロック気味のスライスリターン [2010全豪オープン]

フェデラーのスライス フェデラーのスライス フェデラーのスライス フェデラーのスライス
Check! ターンと同時にテークバック
①~⑤最小限の動きでしっかりとターンしている。左足に重心を乗せバランスをキープして、テークバックはやや高め。
フェデラーのスライス フェデラーのスライス フェデラーのスライス フェデラーのスライス
Check! タメをつくる
⑧本来のスライスであればここで右足を前へ踏む込むが、あえてタメを作り⑤と変わらないところでキープしている。
フェデラーのスライス フェデラーのスライス フェデラーのスライス フェデラーのスライス
Check! 安定したインパクト
⑨~⑫左手を後ろに残すことでバランスを取り、右手は肩を支点としたスイングで壁を作る。また回転量を増やすためにかなり上から打ち下ろしている。
インパクトでの手首の形がV字にキープされている。
フェデラーのスライス フェデラーのスライス フェデラーのスライス フェデラーのスライス
⑪~⑬本来であればここで体重を前に移し、右側で壁を作るところだが、ここでは重心は体の中心にありここからボールを押し込むようにスイングことで回転量の多いスライスを打っている。

casio_exilim

インパクト写真はクリックで拡大

テクニック解説

谷澤英彦元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ
写真撮影:Akio Matsumoto

撮影はCASIO HIGH SPEED EXILIMスイング分析できるデジカメ登場!