kei_nishikori_fs1_10s.jpgジャンプをして高い打点で捕らえたフォアハンド
そのコツを、2008年にデルレイビーチ国際選手権を優勝、同年8月に行われたUSオープンでは、日本人男子シングルスとして、71年ぶりにベスト16進出という快挙を成し遂げた錦織圭に学ぶ。全身を使ったダイナミックなフォアハンドは必見。
解説は、元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ

ジャンプをして高い打点で捕らえたジャンピング・フォアハンド[全仏オープン2010]

錦織圭 錦織圭 錦織圭 錦織圭
Check! 低い重心
①~⑤重心が低く(腰の位置がほとんど変わらない)、膝を曲げジャンプするための準備が出来ている。
錦織圭 錦織圭 錦織圭 錦織圭
Check! 素早い準備とジャンプの関係
⑥素早くポジションに入っているのと同時に、早く準備が出来ているので、タイミングを取るのが難しいジャンピングショットも可能になる。
錦織圭 錦織圭 錦織圭 錦織圭
Check! 左手、左足の開きを抑える
⑦~⑫ダイナミックなショット。左手、左足は開かないように意識しているのがわかる。これによって空中でバランスを取ることに成功している。
錦織圭 錦織圭 錦織圭 錦織圭
Check! 高い跳躍力とバランスの良さ
⑬高い跳躍力。空中でもバランスを崩さず軸を保つことが出来ている。
⑭~⑯軸が保たれていれば回転運動しやすいので、最後までひねりを戻すことが出来る。

casio_exilim

インパクト写真はクリックで拡大

テクニック解説

谷澤英彦元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ
写真撮影:Hiroshi Sato

撮影はCASIO HIGH SPEED EXILIMスイング分析できるデジカメ登場!