錦織圭強い回転運動から放たれる強烈なフォアハンド
そのコツを、2008年にデルレイビーチ国際選手権を優勝、同年8月に行われたUSオープンでは、日本人男子シングルスとして、71年ぶりにベスト16進出という快挙を成し遂げた錦織圭に学ぶ。シンプルだがしっかりと体をひねってタメを作り、腰の回転で一気に回転運動につなげるスイング。他にも紹介している錦織圭のフォアハンドの中でも、一番ノーマルな打ち方のフォアハンドとなる。
解説は、元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ

強い回転運動から放たれる強烈なフォアハンド [全仏オープン2010]

錦織圭 錦織圭 錦織圭 錦織圭
Check! テークバック
①~⑥細かいステップを使いながらボールへ入ると同時に、左手をラケットを掴み後方までリードし、ひねりを感じながら準備をしている。
錦織圭 錦織圭 錦織圭 錦織圭
Check! 一瞬のタメ
⑦一瞬のタメから準備の終了。ひねりが十分に感じられる構え。
錦織圭 錦織圭 錦織圭 錦織圭
Check! 左手の引き寄せ
⑧~⑫ここからは思い切ってスイングしていくだけ。7での準備が良いのでボールを引っ叩ける。左手を体に引き寄せることでコンパクトに体を回転させ、よりスイングスピードが加速する。下半身はほどんど動かず、腰のローテーションが重要。
錦織圭 錦織圭 錦織圭 錦織圭
Check! フィニッシュでの体の使い方
⑬、⑭ノーマルなショットでもここまでジャンプしているのが特徴。しかし、ジャンプすることが目的ではなく、加速した体のスピードを開放しているだけ。
⑮、⑯回転運動の最後は右肩が顎の下まで来ている

casio_exilim

インパクト写真はクリックで拡大

テクニック解説

谷澤英彦元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ
写真撮影:Hiroshi Sato

撮影はCASIO HIGH SPEED EXILIMスイング分析できるデジカメ登場!