kei_nishikori_fs3_11s.jpg上手に体を使った攻撃的な回り込みフォアハンド
そのコツを、2008年にデルレイビーチ国際選手権を優勝、同年8月に行われたUSオープンでは、日本人男子シングルスとして、71年ぶりにベスト16進出という快挙を成し遂げた錦織圭に学ぶ。連続写真から、錦織得意の回り込みフォアハンドの上手な体の使い方が見えてくる。体をダイナミックに使った攻撃的なフォアハンドは必見。
解説は、元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ

上手に体を使った攻撃的な回り込みフォアハンド [全仏オープン2010]

錦織圭 錦織圭 錦織圭 錦織圭
Check! ボールへの入り方
①~⑥ノーマルの時と変わらない丁寧なボールへの入り方。
錦織圭 錦織圭 錦織圭 錦織圭
Check! 左肩でのひねり
⑦普通のフォアハンドとの一番の違いは左手(肩)を更にひねること。より大きなパワーを産むのと同時にコースを隠す意図もある。
錦織圭 錦織圭 錦織圭 錦織圭
Check!
⑧~⑪グリップが厚いが、ボールに対しては直線的にスイング(下からではなく、ラケットヘッドが地面を擦るように)している。タイミング的には少し早めにジャンプをしてから、ラケットが最大に加速した状態でインパクトを迎える。
錦織圭 錦織圭 錦織圭 錦織圭
Check! 右手と左手の交差
⑫~⑯打ち終わった後も左手を開放せず、右手と左手が交差させている。このように、逆モーションを作ることで軸が立ったまま回転出来る。

casio_exilim

インパクト写真はクリックで拡大

テクニック解説

谷澤英彦元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ
写真撮影:Hiroshi Sato

撮影はCASIO HIGH SPEED EXILIMスイング分析できるデジカメ登場!