ロジャー・フェデラー滑りながらもバランスの取れたバックボレー
そのコツを4大大会での優勝回数、最多の16回(記録更新中)を誇る王者、ロジャー・フェデラーから学ぶ。滑りながらも抜群のボディーバランスでボールを捕らえる技術は、クレーコートのみならずオムニコートでも使える!!
解説は、元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ

フェデラーの滑りながらもバランスの取れたバックボレー [全仏オープン2010]

ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー
Check! 左足のつま先
①、②目線がずれないようにしっかり相手を見ながらのスプリットステップ。
③、④着地と同時に左肩を引き、上体のローテーションを行う。また、左足のつま先を外に向けるような下半身の開きも始まる。
ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー
Check! 体のひねり
⑤、⑥左足を前、左肩を後ろと上下で反対に動かすことで大きなひねりを生み出す。
⑦セットの完了。右肘を曲げ、ラケットを耳のすぐ横にもってくるのが特徴的。
ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー
Check! 踏み込むタイミング
⑧~⑫おへその位置はほとんど変わらず低く安定させる。踏み込むタイミングとスイングのタイミングを合わせることで大振りしなくてもボールに威力が伝わる。曲げている右肘を伸ばしてインパクトしているのがわかる。
ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー ロジャー・フェデラー
Check! 打ち終わり
⑬ボディーバランスを取るために左手をしっかりと伸ばす。頭、腰が動かず軸が安定した打ち終わり。
⑭~⑯クレーでは打ち終わった後に少し滑りながらスピードを落として止まるようなフットワークを使う方が、次のボールに素早く移れる。これは、オムニコートのような滑るコートにも同じことが言える。

casio_exilim

インパクト写真はクリックで拡大

テクニック解説

谷澤英彦元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ
写真撮影:Hiroshi Sato

撮影はCASIO HIGH SPEED EXILIMスイング分析できるデジカメ登場!