キャロライン・ウォズニアッキ低い重心で地面からの力を利用したフォアハンド
そのコツを、2009年USオープン準優勝という実績を持ち、またその可愛らしい容姿(ようし)から日本でも人気のキャロライン・ウォズニアッキから学ぶ。低い重心から全身を使ったフォアハンドは、伸びのある力強いボールを放つ。
解説は、元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ

ウォズニアッキの低い重心で地面からの力を利用したフォアハンド[全仏オープン2010]

キャロライン・ウォズニアッキ キャロライン・ウォズニアッキ キャロライン・ウォズニアッキ キャロライン・ウォズニアッキ
Check! 低い重心でのタメ
①、②始めから低い姿勢になっており、腰が落ち、膝(ひざ)が曲がっている。
③~⑤下半身が更に一段階落ち、重心を下げている。上半身のテークバックとの連動(れんどう)し、打つ前のタメがしっかり出来ている。
キャロライン・ウォズニアッキ キャロライン・ウォズニアッキ キャロライン・ウォズニアッキ キャロライン・ウォズニアッキ
Check! 足から腕への運動連鎖(うんどうれんさ)
⑥~⑩地面から伝わったパワーを徐々に上へ。⑦で足、⑧で腰、⑨で腕へ運動連鎖(うんどうれんさ)がしっかりと行われ、⑩でインパクトに力が伝わっている。
キャロライン・ウォズニアッキ キャロライン・ウォズニアッキ キャロライン・ウォズニアッキ キャロライン・ウォズニアッキ
Check! 腕の動き
⑪~⑬インパクト後は腕を前に出しながらラケットヘッドが上へ引っ張られるようにスイングし、力を最後まで伝える。
キャロライン・ウォズニアッキ キャロライン・ウォズニアッキ キャロライン・ウォズニアッキ キャロライン・ウォズニアッキ
Check! ターン
⑭~⑯最後は右肩、右足が前へ出るくらいに体をターン。⑯ではバランスの良い打ち終わりでまとめている。

casio_exilim

インパクト写真はクリックで拡大

テクニック解説

谷澤英彦元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ
写真撮影:Hiroshi Sato

撮影はCASIO HIGH SPEED EXILIMスイング分析できるデジカメ登場!