シャラポワ上体のひねりを使った美しいフォアハンド
そのコツを、「ロシアの妖精」と呼ばれ、過去に4大大会を3度優勝した実績があるマリア・シャラポワから学ぶ。上体のひねりを使った無駄のない美しいフォームは、誰もがマネしたくなるシンプル・イズ・ビューティフルショット!!
解説は、元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ

シャラポワの上体のひねりを使った美しいフォアハンド[2010ウィンブルドン選手権]

マリア・シャラポワ マリア・シャラポワ マリア・シャラポワ マリア・シャラポワ
Check! 右ヒザの向き
①ボールを確認した時にはすでに右ヒザが外を向きターンできる状態になっている。
マリア・シャラポワ マリア・シャラポワ マリア・シャラポワ マリア・シャラポワ
Check! 早い準備
②~⑥体のひねりを意識するように両手でラケットを引き、⑤、⑥くらいから左手が前へ出る。
⑦セット(準備)の完了。ボールがワンバウンドする前にはこのセットが出来ているので、速いタイミングで打つことが出来る。
マリア・シャラポワ マリア・シャラポワ マリア・シャラポワ マリア・シャラポワ
Check! 左手の引き付け
⑧~⑪ここからがフォーワードスイング。踏み込んで打っているので体重は右足から左足へ。やや上体の開きが早くなってしまったように見えるが左手を体に引き付けるようにして体の回転を出来るだけ抑えバランスをキープ。
⑫打点は前で捕らえている。
マリア・シャラポワ マリア・シャラポワ マリア・シャラポワ マリア・シャラポワ
Check! 上体のひねり
⑬ラケットヘッドは一度相手方向に向く。
⑭~⑯そこからフィニッシュへ。打ち終わった後もスタンスの広さは変わらず、上体でひねってタメた力を、戻した力で打っているのがわかる。

casio_exilim

インパクト写真はクリックで拡大

テクニック解説

谷澤英彦元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ
写真撮影:Hiroshi Sato

撮影はCASIO HIGH SPEED EXILIMスイング分析できるデジカメ登場!