ジョーウィルフリード・ツォンガステップインして更に体重を乗せたフォアハンド
そのコツを、2008年の全豪オープン準優勝という実績を持ち、またその容姿からテニス界のモハメド・アリと言われるジョーウィルフリード・ツォンガから学ぶ。驚異的(きょういてき)な身体能力に裏付けられたショットには、連続写真でしかわからない秘訣がある!?
解説は、元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ

ツォンガのステップインして更に体重を乗せたフォアハンド [ウィンブルドン選手権2010]

ジョーウィルフリード・ツォンガ ジョーウィルフリード・ツォンガ ジョーウィルフリード・ツォンガ ジョーウィルフリード・ツォンガ
Check! 左肘の位置
①~⑤左肘を他の選手よりも高い位置でキープしながら上体をターンさせることで、よりひねりを感じることが出来る。頭の位置がブレずにしっかりと打球を見ている。
ジョーウィルフリード・ツォンガ ジョーウィルフリード・ツォンガ ジョーウィルフリード・ツォンガ ジョーウィルフリード・ツォンガ
Check! セットの完了
⑥準備の完了。スタンスの広さ、体のひねり、重心の落ち方(ひざ、腰の位置)に注目。ここでも左肘の位置が高く大きく脇を上げるようにしているところが特徴的。
ジョーウィルフリード・ツォンガ ジョーウィルフリード・ツォンガ ジョーウィルフリード・ツォンガ ジョーウィルフリード・ツォンガ
Check! オープンスタンスからステップイン
⑦~⑩フォワードスイングでは、意識している左肘を引くようにしながら体を回転して右腕を前へ出してくる。スタンスは一度オープンで構えておいてから左足を前に出し、ステップインする。タイミングが難しいが、これより体重が更に乗る。
ジョーウィルフリード・ツォンガ ジョーウィルフリード・ツォンガ ジョーウィルフリード・ツォンガ ジョーウィルフリード・ツォンガ
Check! 切り替えし
⑪~⑭フィニッシュに向けてスイングスピードを上げるためにフォロースルーは小さく、体に巻きつけるようにする。しかし、体のローテーションはしっかり行われているので⑭では右肩が前に出る。
⑮、⑯右足を外へ出し、切り替えし動作の準備が、打球後自然に行われている。

インパクト写真はクリックで拡大

テクニック解説

谷澤英彦元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ
写真撮影:Hiroshi Sato