ガール・モンフィス腕を入れ替えスピンを強くかけたフォアハンド
そのコツを、2008年全仏オープンベスト4、フランスのデビスカップ選手であるガール・モンフィスに学ぶ。恵まれた身体能力を存分に活かしたショットは圧巻。連続写真から新しいテニスの形が見えてくる!?
解説は、元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ

モンフィスの腕を入れ替えスピンを強くかけたフォアハンド [ウィンブルドン2010]

<tdガール・モンフィス

ガール・モンフィス ガール・モンフィス ガール・モンフィス
Check! 肩のライン
①、②ボール方向へ素早い反応。
③、④テークバックの準備。普通なら④の段階で左手はもっと上がっているが、ここではあえて左手を下げ、少し肩のラインを左下、右上にしている
ガール・モンフィス ガール・モンフィス ガール・モンフィス ガール・モンフィス
Check! 肩の入れ替え
⑤~⑧ここから左手を上げ、今度は肩のラインを左上、右下にるすことでボールの下にスピンをかけやすくする。アクションは大きいがテークバックはコンパクト。
ガール・モンフィス ガール・モンフィス ガール・モンフィス ガール・モンフィス
Check!
⑨~⑫打点は落としているが、出来るだけボールを引き付けインパクト~フォローにかけては再度左手が下がり、右手は上に振り抜いていく。通常のスイングとは違い、体のローテーションよりも腕の入れ替えで振り抜き、スピンをかけるイメージ。
ガール・モンフィス ガール・モンフィス ガール・モンフィス ガール・モンフィス
Check! ラケットの振り上げ
⑬~⑯引き付けたことにより、前方にはスイングが出来ないので真上に振り上げることでスイングスピードを保つ。フィニッシュではラケットが頭の上まできている。

エクシリム

インパクト写真はクリックで拡大

テクニック解説

谷澤英彦元デビスカップ日本代表、日本ナショナルチームコーチ谷澤英彦プロ
写真撮影:Hiroshi Sato

撮影はCASIO HIGH SPEED EXILIMスイング分析できるデジカメ登場!