30日、アラブ首長国連邦のドバイで行われている、ITFドバイ大会の準決勝で、世界ランク121位、第8シードのクルム伊達公子(42歳)は、同197位のZHOU,Yi-Miao(21歳、中国)と対戦し、6-2、6-3のスコアで勝利し、決勝進出を決めた。

試合序盤で流れに乗ったクルム伊達は、第1セットを簡単に奪うと、続く第2セットも相手に付け入る隙を与えず、6-3のスコアで連取し、3大会連続で決勝に駒を進めた。

クルム伊達はインド・オープン、ダンロップ・ワールド・チャレンジと続いた決勝での悔しい思いを、今大会の決勝戦で晴らすことができるだろうか。

ITFドバイ大会

シングルス
準決勝

クルム伊達公子[8] 6-2 6-3 ●ZHOU,Yi-Miao(中国)

[ ]内の数字はシード順位

[adrotate banner=”12″]