錦織圭の オーストラリアン・オープン 本戦1回戦が行われた。

コートに現れた錦織圭の表情はいつになく非情に固かった。
その表情が表わすように、錦織のグランドスラム大会初戦は苦戦。
第1セットの競り合いを落としたが、しっかりと立て直し見事に逆転勝利した。

1/14(月)オーストラリアン・オープン DAY01
今年のオーストラリアン・オープンは涼しい。
日差しは強いが日影は半袖だと冷たく感じる。
特に今日は海からの強い風があるので涼しい。

錦織はオーストラリアン・オープン用のユニクロ、水色のウェアと白のパンツで登場した。
なかなかやさしく感じの良い色。

コート6の観客席は昨年より2倍以上になっている。
それが10時開場から1時間と経っていないのに、あっと言う間にいっぱいになっている。
錦織圭の注目度がわかる。

<男子1回戦>
○16)錦織圭 6-7(5) 6-3 6-1 6-3 ●V. HANESCU(ROU)

ハネスクのゲームで始まった。
30-40と錦織のバックスライスアプローチで30-40とブレーク・ポイントを握る。
このチャンス、ボレーボレーで抜かれるが、かなりこれはプレッシャーになるぞ!
ハネスクはファーストサービス2本でキープする。

錦織の第2ゲーム、ファーストのコースと確率が非常にいい。
ドロップショットを打たれるが、それにもサッと反応して、フォアクロスに手首でクリッと深く打つ。
センスあるし、怪我で心配された膝は大丈夫なようだ。キープ、1-1。

錦織のファーストサーブが実に良い。
第4ゲームなんか全てファースト4本でラブゲームキープ、2-2。

3-3でハネスクの第7ゲーム、
錦織のバックダウンザライン2本とフォアダウンザラインアプローチからバッククロスボレーウィナーのスーパーショット。

15-40とブレークチャンスがあったが。
30-40、チャンスフォアボレーを甘く打った錦織はハネスクのバックダウンザラインで逆襲されてしまう。
ここをブレークしていればもっと簡単に勝てていたかも。キープされる。

4-5で錦織の第10ゲーム、錦織の飛びつきバックダウンザラインバックボレーウィナーで30-0。
ネットプレーにすぐ行こうとしているのがとてもいい。
すごく積極的なプレーは見ている方も気持ちが上がってくる。

しかし、凡ミスで30-40セットポイントを握られるピンチに!
ここでナントサービスセンター&アングルの連続エース。

すごい!得意のアングルもそうだが、欲しい時に来るサービスエースはでかい!
5-5とキープ。

6-6となり、第1セットはタイブレークに

1本目、錦織のバックダウンザラインウィナーで1-0とミニブレークのスタート。
このコースも絶対にサイドを割らない。
相手から見るとフォアだけでなく、このバックも警戒しないといけないのが苦しいところだ。

また、錦織のフォアクロスアプローチからフォアクロスボレーウィナー。グッと押し込む。
2-0から3-0とリード。

5-3とリードしてこのまま行きそうだったが、
5-5で甘い錦織のバックダウンザラインアプローチをハネスクが見逃さず、フォアアングルパスを抜く。
ハネスクが6-5とセットポイント

ここでハネスクはサービスワイドのコーナーに打ち込む。
タイブレークを5-7で落とす。

何度もチャンスはあった。
このタイブレークでも3-0リードだっただけに悔やまれる。
これが尾を引かない事を祈るだけだ!

第2セット

ハネスクの第2ゲーム、錦織はバックダウンザラインのハイボレーからフォアドロップボレーウィナー。
果敢にネットへ攻めていく。
ハネスクも負けじとネットで飛びつきフォアボレーを決める。

4度目のジュース、5つ目のブレーク・ポイント取り2-0
錦織のバックスライスパスウィナーで3-0キープ。
相手をよく見て逆を突いた。

ハネスクの第4ゲーム、錦織のフォアダウンザラインウィナーのカウンターパンチ。
4-0ブレーク。

一気に5-0

ここからじわじわと3ゲーム取られる。油断したわけではないと思うが、少しミスが早い。

5-3で錦織の第9ゲーム、30-0から30-40になる。
ハネスクは得意のバックダウンザラインを伸び伸び打ってネットに出て、プレッシャーかけてくる。
ここはしのぐ。

錦織のフォア&バッククロスウィナーで何とかキープ。
6-3でこのセットを取る。
このゲーム取られていたら勝負の展開はわからなかった!
危ない! 危ない!

第3セット

ハネスクの第1ゲーム、
ナントこのゲーム、錦織のフォア4本連続ウィナーのラブでブレーク!1-0

そして、次の錦織の第2ゲーム、
連続サービスエースを含むラブゲームで2-0!
前のセットから10ポイント連取。

この辺りから完全に錦織のペース!

このセットは危なげなく、6-1で取る。

第4セット

錦織の第3ゲーム、先にブレークされてしまい、1-2。
しかし、ここでも慌てないのが錦織の強いところ。

ハネスクの第4ゲーム、錦織のフォアクロスウィナーで2-2とすぐ挽回。
ここがいい。

錦織の第5ゲーム、ハネスクもここを離されたら後がないと必死でついていく。
錦織はファーストからフォアダウンザラインウィナー。
声を出さずにガッツポーズ!

また、回り込みフォアダウンザラインウィナー。
一瞬、ハネスクがアウトと思って足が止まる。が錦織のボールはストーンとよく落ちる。
集中した時の錦織のフォアはよく振れてボールが急激に落ちる。気持ちが入っている。キープ3-2。

3-3で錦織の第7ゲーム、15-40のピンチ、
ここで甘いボールをハネスクがフォアクロスパスサイドアウト。
思わず力が入ったか?しかし、助かった。普通なら完全に抜けているよ。

これを4-3とキープしたのは非常に大きい。

ファイナルになったら本当にわからないから。

ハネスクの第8ゲーム、ジュースで錦織のフォアパスを慌てず、沈めてハーフボレーさせる。
そして、真ん中に思い切りフォアでパスを打ち込む。
その後に錦織の得意のバックダウンザラインウィナー。

このフォア1本やりでないのが彼の最大の強みだろう。
言うことなし!5-3ブレーク。

5-3、サービィング・フォア・ザ・マッチも30-0。今日はファーストがいい。

40-0のマッチ・ポイントはハネスクのバックスライスがアウト。
6-3で勝利。
2時間39分の勝利!

2回戦は C. BERLOCQ(ARG) と16日(水)に対戦する。
対戦相手のベーロクは68位(最高ランキング37位)、29歳、183cm、右利き

精神力も素晴らしい錦織圭。

錦織 圭 ブログ
錦織 圭 データー 1989年12月29日生まれ 23歳

大会データー:
2013オーストラリアン・オープン
会場:メルボルンパーク
メルボルン現地時刻(時差は+2時間)
本戦:1/14 – 1/27, 2013
予選:1/09 – 1/12, 2013

オーダー・オブ・プレー
ライブスコア
メルボルン現地時刻(時差は+2時間)

<男子1回戦>
○16)錦織圭 6-7(5) 6-3 6-1 6-3 ●V. HANESCU(ROU)
伊藤竜馬 6-4 6-4 3-6 0-6 4-1 ファイナル・セット中 J. MILLMAN(AUS)
添田豪 vs L. SAVILLE(AUS)
男子ドロー
男子予選ドロー

伊藤竜馬 ブログ
伊藤竜馬 データー 1988年5月18日生れ 24歳

添田 豪 ブログ
添田 豪 データー 1984年9月5日生れ 28歳

土居美咲勝利! 2回戦はシャラポワ!
<女子1回戦>

○土居美咲 6-3 6-4 ●P. MARTIC(CRO)

土居美咲ブログ
土居美咲 WTAデーター 1991年4月29日生れ 21歳

クルム伊達公子 vs 12)N. PETROVA(RUS)
森田あゆみ vs A. TATISHVILI(GEO)
女子ドロー
女子予選ドロー

クルム伊達公子 ブログ
クルム伊達公子 データー 1970年(昭45年)9月28日生まれ、42歳

森田あゆみ ブログ
森田あゆみ データー 1990年3月11日生まれ 22歳

(テニスジャパン 森下 泰 & 塚越 亘 CanonEos7D)