アルゼンチンのビージャ デル ディケ にて開催されているITF男子テニス・フューチャーズ大会ARGENTINA F3 FUTURES – VILLA DEL DIQUE(クレー)。27日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク657位の牧口流星(21歳)はGabriel Alejandro HIDALGO (アルゼンチン)と対戦し3-6、7-5、6-7(5) で惜しくも敗退し決勝進出はならなかった。

日本語がまだ話せないボリビア生まれの牧口は父が金沢生まれの日本人、母はボリビア人であり、14歳からアルゼンチンにてナルバンディアンの元コーチの下でトレーニングしてきた選手。全日本選手権では2回戦で江原弘泰(21歳)に敗退しているが、昨年はボリビアのフューチャーズ大会で3週連続準決勝進出するなどの活躍を遂げている。

ARGENTINA F3 FUTURES – VILLA DEL DIQUE

シングルス
準決勝

Gabriel Alejandro HIDALGO(アルゼンチン) [6] 6-3 5-7 7-6(5) ●牧口流星

準々決勝

○牧口流星 6-4 6-4 ●Pedro SAKAMOTO (ブラジル)

2回戦

○牧口流星 1-6 6-4 7-5 ●Tomas BUCHHASS (アルゼンチン)

1回戦

○牧口流星 6-3 1-6 6-2 ●Juan-Pablo AMADO (アルゼンチン) [1]

※カッコ[ ]内数字はシード順位、Q:予選通過者、W:主催者推薦出場、SE:予選免除、L:予選敗者からの繰上、A:繰上出場

記事:長嶋秀和