兵庫県立三木防災公園ブルボンビーンズドームにて開催されているATP(男子プロテニス協会)のチャレンジャーツアー大会、2015兵庫ノアチャレンジャー大会。15日、シングルス決勝が行われ、第4シードのダニエル太郎(22歳、エイブル)は、第1シードのジョン・ミルマン(26歳、オーストラリア)と対戦し1-6、3-6のストレートで敗退し優勝はならなかった。

ミルマン

ジョン・ミルマン(オーストラリア)は昨年の慶應チャレンジャー優勝者。今季3度目のチャレンジャー大会優勝となった。

またダニエル太郎は今年、4月ヴェルチェッリでチャレンジャー大会初優勝。5月の全仏オープンでは予選を突破しグランドスラム2度目の本戦出場を果たしたが、フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)に敗退した。

デビスカップのワールドグループ・プレーオフのコロンビア戦では2勝2敗で迎えた第5戦でアレハンドロ・ファジャ(コロンビア)と対戦し7-6(3)、6-3、6-2で勝利し、日本のワールドグループ残留に貢献した。10月のバレンシア・オープンではツアー大会今季初の本戦勝利を飾っている。

国際ジュニア大会、フューチャーズ大会、チャレンジャー大会とステップアップしていく中で、チャレンジャー大会は、島津京都チャレンジャー、慶応チャレンジャー、ダンロップスリクソンチャレンジャーと国内で3大会が開催されており、今大会の開催により国内4大会目。

兵庫ノアチャレンジャー – 2015 Hyogo NOAH Challenger公式サイト

記事:長嶋秀和
写真:兵庫県テニス協会