韓国のソウルで開催されているATPチャレンジャー大会、ソウル・オープン(賞金総額 10万ドル、ハードコート)。10日、シングルス1回戦が行われ、第6シードで出場の伊藤竜馬(27歳、北日本物産)はジュニア世界ランキング2位のホン・ ソン・チャン(18歳、韓国)と対戦し6-4、6-2のストレートで勝利した。試合時間は1時間21分。

伊藤竜馬は、試合を通じて1度もブレイクポイントを与えない安定したサービスゲームと相手のセカンドサービスでは48%の高い確率でポイントを奪い、3度のブレイクに成功しストレートで快勝した。

伊藤竜馬は2回戦でアレクサンドル・クドリャフツェフ(30歳、ロシア)と対戦する。また第7シードの杉田祐一(27歳、三菱電機)も勝利し2回戦進出を果たした。

増田健太郎コーチは公式ブログで「朝から雨でずっと待機になり、結局試合が始まったのは16時半になりました。韓国のWCの選手と対戦し、キープキープで進む展開でしたが4-4でブレイクに成功し、そこからは一気にリードを広げて6-4,6-2のストレートで勝利しました。」とコメントしている。

対戦したホンは昨年、全米オープンのジュニアの部でベスト4進出を果たしている期待の選手。

記事:長嶋秀和
写真:テニスコーチ増田健太郎オフィシャルブログ – TENNIS.jp