マドリードオープンでは右手首痛のため、やむなく準々決勝ジョコビッチ戦を棄権した錦織圭。
当日朝の練習ではサーブ以外はどうにかこなしていた。
「欠場を決断するのはいつもタフなこと。」と錦織。

今週のBNLイタリア国際(通称イタリアンオープン)に関しては「怪我は段々と良くなっているので、出られる可能性はあると感じている。
絶対に出るとも、出ないとも言いきれないが。何日か様子を見て決めたいと思う」と錦織は言う。

そのイタリアンオープンのドローが発表され、錦織は第7シードで出場する。
トップ8シードは1回戦がなく、2回戦から出場。
つまり錦織の初戦である2回戦は、元世界ランク3位のD.フェレール(スペイン、現30位)と元12位のF.ロペス(スペイン、38位、)の勝者と対戦する。
1回戦が15日月曜日のスケジュールに入っていないので、おそらく16日の火曜日になるだろう。
この勝者と対戦する錦織の試合は現地17日水曜日になる可能性が高い。
イタリアンオープン男子ドロー

イタリアンオープンは前週行われたマドリードオープンと同じように、男女共催大会。
男女共にグランドスラム大会に次ぐ格の高い大会でトッププレーヤー達は出場義務のある大会だ。
女子では大坂なおみと土居美咲がプレーしている。
イタリアンオープン女子ドロー

この大会予選、男子はダニエル太郎、女子は日比野菜緒、尾崎里紗が出場したが残念ながら敗れた。
日比野は予選決勝まで進出したのだが惜しくも本戦入りを逃した。

大会データー ATP WTA男女共催大会
Internazionali BNL d’Italia
56ドロー、赤土クレー
会場:Foro Italico
5/14-5/21,2017
ローマ現地時刻(時差-7時間)

(記事 塚越亘 photo/H.Sato)

マドリードオープン準々決勝ジョコビッチ戦を前に手首の状態を確かめながら練習