5月25日(木)ジュネーブ・オープン

錦織圭(日清食品)の準々決勝が行われ、錦織は3つのマッチポイントを逃れてアンダーソン(62位、南アフリカ)に逆転勝ち、準決勝に駒を進めた。

準決勝の対戦相手は今年の全豪オープンで世界一のマレーを破った男、M.ヅベレフ(33位ドイツ)だ。
先週のイタリアンオープンでジョコビッチを破り優勝したA.ヅベレフ(20歳)のお兄ちゃん。
マレーを破った時は191cmの長身を生かし、なんと119回のサーブ&ボレーなどでネットにつく作戦でマレーを翻弄、7-5,5-7,6-2,6-4で勝利、優勝したフェデラーに敗れたが8強になっている。

クレーコートの戦いであるが、錦織に対してもサーブ&ボレー、チップ&チャージなどの奇策でくるだろう。
その準決勝は現地26日金曜日14時(日本時間同日21時)以降の予定だ。

<<準決勝>>
1]S.Wawrinka(SUI) vs A.Kuznetsov(RUS)
2]錦織圭 vs Q]M.Zverev(GER)

危なかった準々決勝アンダーソン(南アフリカ)戦!

身長2メートル3センチからの弾丸サーブに悩まされ14本のサービス・エースを叩きこまれる。
錦織が2-6、6-4、7-6(6)、約2時間半の激戦の末に勝ったが、
ファイナル・セット、4-5、錦織サーブでは0-40と絶体絶命のピンチ!
3つのマッチポイントを握られた。

そこをしのぎ、タイブレークに突入するも、
先にミニ・ブレークを許し、2-4。
そこから粘り、バックのパッシング・ショットを決め6-5で錦織がマッチポイントを握る!
しかしアンダーソンがフォアのウイナーで6-6にする。

錦織はフォアのウイナーで7-6と2度目のマッチポイント!
錦織はそのチャンスをラリー戦後、ウイナーで決め勝利した。

「勝ててほっとしている。
相手の方が攻撃的な良いテニスをしていてチャンスも多かった。
負けたと思っていたが、開き直れた。
この勝利は大きい。
全仏はきになるが、ここで優勝するのが今の目標」と錦織。

残念ながら日本国内でのTV中継はない。
ATPのサイトから
TENNIS TV
1ヶ月 1,500円
1年 10,000円
世界各地で行われているATPツアー約2000試合が見られる。

賭けのサイトから無料で見ることもできるが、視聴中に色々な広告のようなものが出てきたりする。
クリックしてパソコンが大変なことになったので注意。パソコン上級者なら大丈夫かな?

(記事塚越亘 取材協力photo/ⒸBanque Eric Sturdza Geneva Open)

ジュネーブ・オープンデーター
Banque Eric Sturdza ジュネーブ・オープン
賞金総額 €540,310(7千万円) ATP250
優勝 €85,945(1千200万円) 250ポイント
準優勝 €45,265(600万円) 150ポイント
4強 €24,520(320万円) 90ポイント
8強 €13,970 45ポイント
2回戦 €8,230 20ポイント
1回戦 €4,875 0ポイント
2017.05.21 – 2017.05.27
会場:The Tennis Club Geneva
ジュネーブ時間

<<準々決勝>>
〇1]S.Wawrinka(SUI) 46 75 62 ●6]S.Querrey(USA)
〇A.Kuznetsov(RUS) 62 16 75 ●L]C.Stebe(GER)
〇Q]M.Zverev(GER) 64 75 ●5]S.Johnson(USA)
〇2]錦織圭 26 64 76(6) ●K.Anderson(RSA)
ドローPDF版
ドローnet版

チケット情報

錦織マッチポイントを逃れ逆転勝ち ⒸBanque Eric Sturdza Geneva Open