いよいよ錦織圭(日清食品)の復帰戦が1月23日(火曜日)にアメリカの西海岸で行われることとなった。

全豪オープンは今日で8強が決まる。
いつもならこの舞台にいなくてはいけない錦織圭だが、右手首の怪我で昨年の8月より戦列を離れている。

全豪オープン期間中、錦織はカルフォルニアで行われる、下部ツアーに出ることに決めた。
大会名は「ATPチャレンジャー・ニューポートビーチ」
ドローができ、錦織は第1シードで出場、対戦相手は予選を勝ち上がってくる選手となった。

そして気になる錦織圭の復帰戦は1月23日(火)と大会側から正式発表される。時差があるので日本時間では24日(水)。

男子シングルス本戦には錦織のほかに伊藤竜馬(北日本物産)も出場。
予選には内田海智(富士薬品)が参戦したが、第3シード、アメリカのNOVIKOVに1-6, 6-3,6-7(1)で惜敗してしまった。

錦織、ニューポートビーチには16日には移動。

厳しい視線を向けるマイケル・チャン・コーチ

マイケル・チャン・コーチ、ダンテ・コーチ、中尾トレーナーと早々と復帰戦に向けて入念な調整をしている。

右手首のけがで休養に入っていた錦織にとって今大会は、昨年8月のATP1000シンシナティ以来 約5ヶ月ぶりの実戦だ。
1回戦を突破すると、2回戦ではD・クドラ(アメリカ)かR・オペルカ(アメリカ)の勝者と対戦する。

クドラは全豪オープン予選を勝ち上がり、1回戦で格上48位のアメリカのS・ジョンソンを破り、2回戦では第5シードのティエムに2セットアップ、勝ちかけていた25歳のプレーヤーだ。
チャレンジャーといえども、男子下部ツアーは層の厚い厳しい戦いの場、そこに錦織圭は挑む。

WOWOW 生ライブ配信
ATPチャレンジャー公式サイトからでも生ライブが見られる。

錦織、この後にもう一つ、ダラスで行われるATPチャレンジャーに出場予定。

錦織、ATPツアー復帰は2月12日からのATP250ニューヨーク・ オープン
錦織の試合予定は2018年2月14日(水)のナイトマッチ。

ツアー復帰する前に、下部大会二つに参戦し、手応えを確かめておく、プロ野球なら二軍で調整のようなものだろうか。
着々と錦織圭の復帰が近づいている。

ニューヨーク・ オープン
ATP250NEW YORK OPEN
ニューヨーク・ オープンは、かつて錦織圭が2013, 2014, 2015, 2016年と4連覇を達成した全米室内選手権(ATP250メンフィス・オープン)。
2018年から舞台をニューヨークに移す。
S・クエリー、J・イズナーなどアメリカトップ選手達がエントリーしている。
韓国の鄭現(チョン ヒヨン)も参戦、2/13(火)のナイトマッチ。

記事:Kyoko Oga/塚越亘/塚越景子 写真K.Oga/tennisjapan

会場で練習中の錦織圭