★グランド・スラム
■Roland Garros – Paris, France (Red Clay)
フランスのパリで行われてる4大大会、全仏オープン Roland Garros(賞金総額16,807,400ユーロ, レッドクレー)は26日、大会4日目を迎え、女子シングルス2回戦が行われ、昨年の全仏オープンチャンピオンで第6シードのスべトラーナ・クズネツォワ(24歳、ロシア)が、世界ランク40位のアンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)に対し 4-6 7-5 6-4 とファイナルセットに及ぶ苦しいスコアで辛くも勝利し、3回戦に駒を進めた。


この日、クズネツォワは第1セットを 4-6 で落とすと、後のない第2セットを 7-5 でなんとか取り返した。クズネツォワは、第1、第2セットの合計で10回のブレーク・チャンスがあったものの、そのうち4度しかブレークすることができず、なかなかチャンスを活かせない状況が続いた。一方、ペトコビッチは4度という少ないブレークチャンスを、すべて成功するなど我慢しながらも少ないチャンスを活かし接戦を演じた。ファイナルセットに入るとクズネツォワがウィナー(エース)を12個奪うなど地力の差でなんとか振り切り、4-6 7-5 6-4 の試合時間2時間12分の熱戦を制した。
一方、第2シードのビーナス・ウィリアムズ(29歳、米国)は世界ランク59位のアランチャ ・パーラ・サントンハ(27歳、スペイン)を 6-2 6-4 のストレート、第3シードのキャロライン・ウォズニアッキ(19歳、デンマーク)も、タチアナ・ガルビン(32歳、イタリア)を6-3 6-1 のストレートで下し、3回戦進出を決めた。
大会5日目となる27日は、第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(28歳、米国)、今年1月に現役復帰し、全仏オープン過去4度優勝の第22シードジュスティーヌ・エナン(27歳、ベルギー)、そして、クルム伊達公子(39歳)ら注目の選手が2回戦に登場する。
ライブスコアはこちら

全仏オープン

女子シングルス
2回戦

【トップハーフ】
セリーナ・ウィリアムズ(米国)(1) vs Julia Goerges(ドイツ)
ジル・クレイバス(米国) vs アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)(29)
シャハー・ピアー(イスラエル)(18) vs MATTEK-SANDS, Bethanie(米国)(L)
SANCHEZ, OLIVIA(フランス) vs マリオン・バルトリ (フランス)(13)