★グランド・スラム
■Roland Garros – Paris, France (Red Clay)
フランスのパリで行われている4大大会、全仏オープン Roland Garros(賞金総額16,807,400ユーロ, レッドクレー)は、大会5日目となる27日、女子シングルス2回戦に世界ランク72位のクルム伊達公子(39歳)が登場。世界ランク107位のジャミラ・グロス(23歳、オーストラリア)と対戦したが、0-6 3-6のストレートで破れ、3回戦進出はならなかった。


この試合、雨の影響から、5時間近く遅れての開始となった。この日も、痛めた右足ふくらはぎにサポーターを巻いて登場したクルム伊達はトスに勝つとサービスを選択。ダブルフォルトでスタートした第1ゲームをいきなりブレークされると、一度もゲームを奪うことが出来ずに0-6で第1セットを失った。
右足ふくらはぎの怪我から無理な動きを避け、足の様子を見ながらのスロー・スタートとなった第1セットは、セット時間僅か20分で失った。トータルポイントでも11対27と、グロスにゲームを支配された。
第2セットに入ると、徐々にペースを上げ、第4ゲームまではお互いにサービス・キープを続け2-2とした。続く第5ゲームのクルム伊達のサービスゲームをダブルフォルトで失い、このセットも先にリードを許してしまう。今日は、怪我の影響から、踏ん張って打つことが出来ず、勝負所でのショットの精度を欠いた。
第8ゲームでは、この試合、初めて迎えたブレーク・チャンスも活かすことが出来ずに、3-5とリードされたまま迎えた第9ゲームで、再びサービス・ブレークを許し、3-6で試合を終えた。
第2セットは、ウィナー(エース)の数は17本を数え、グロスの16本を上回ったが、アンフォースド・エラー(凡ミス)の数が11本と、グロスの6本を超え、勝負所での精度を欠いた形となった。
勝ったグロスは、昨年に続いての全仏オープン3回戦進出を決めた。

試合経過
第1セット 10 11 12 TB  
クルム伊達                          
グロス              
第2セット 10 11 12 TB  
クルム伊達                    
グロス              

試合時間:1時間7分
※表の見方
 ○:サービスキープ
 ◎:サービスブレーク