★グランド・スラム
■Roland Garros – Paris, France (Red Clay)
フランスのパリで行われてる4大大会、全仏オープン(賞金総額16,807,400ユーロ、 レッドクレー)は大会6日目の28日、女子シングルス2回戦と3回戦が行われた。
この日は前日の雨の影響から、トップハーフの2回戦と、ボトムハーフの3回戦が行われ、第1、第2シードのウィリアムズ姉妹と、第3シードのキャロライン・ウォズニアッキ(19歳、デンマーク)はストレートで順当に勝ち上がったものの、昨年の優勝者で、第6シードのスべトラーナ・クズネツォワ(24歳、ロシア)は、3回戦で、同胞で第30シードのマリア・キリレンコ(23歳、ロシア)に3-6 6-2 4-6のフルセットで敗れる波乱が起きた。キリレンコは今年の全豪オープンでも8強入りを果たしており、今大会も台風の目になる可能性を秘めている。


また、今年の全豪オープンで4強入りし、旋風を巻き起こした中国勢の2人、第11シードの李娜 (LI, NA)(28歳、中国)は、3回戦で第17シードのフランチェスカ・スキアボーネ(29歳、イタリア)に、第25シードの鄭潔 (ZHENG, JIE)(26歳、中国)は、2回戦で予選上がりの選手に、それぞれ敗れた。
大会7日目となる29日は、トップハーフの3回戦が行われる予定で、シード勢同士の対戦が多く組まれている。中でも注目は、今年1月に現役復帰し、過去に全仏オープン4度優勝のジュスティーヌ・エナン(28歳、ベルギー)と、怪我から復帰した第12シードのマリア・シャラポワ(23歳、ロシア)の対戦、両者はこれまで9度対戦があり、6勝3敗でエナンがリードしている。この試合は、フィリップ・シャトリエ・コートの最終試合(第5試合目)に予定されている。
ライブスコアはこちら

全仏オープン

女子シングルス
3回戦

【トップハーフ】
セリーナ・ウィリアムズ(米国)(1) vs アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)(29)
シャハー・ピアー(イスラエル)(18) vs マリオン・バルトリ (フランス)(13)