3月7日 アメリカ西海岸、インディアンウェルズで行われている、グランドスラム大会に次ぐ格のビッグ大会、BNP パリバ・オープン(ATP/WTA共催)。

7日大会初日、大坂なおみ(日清食品)が1回戦で元No.1プレーヤーのマリア・シャラポワ(41位、30歳、ロシア)を6-4、6-4で破り2回戦に進出した。
厳しい予選を突破し本戦出場した奈良くるみ(安藤証券)だったが元15位のカネピに残念ながら逆転負けした。

8日二日目、第一試合に登場した杉田祐一(三菱電機)は約3時間の激戦の末に7-6(5), 4-6, 6-7(4)で惜敗した。

大坂なおみ シャラポワにストレート勝利

元No.1に対して気おくれなく戦う大坂なおみ

<<1回戦>>
〇大坂なおみ 64 64 ●M.Sharapova(RUS)

第1セット

オープンング・ゲームをラブでキープする大坂。
対するシャラポワは15-40からダブルフォルト、大坂2-0と好発進。

第6ゲームもブレーク・チャンスがあったがブレークできず。
そのチャンスを逃すと大坂は次のサービスゲームを落とす。

第10ゲーム、シャラポワのサーブでセットポイントを掴む。
シャラポワのショットはネット、大坂6-4で第1セットを先取。

第2セット

大坂が先に第4ゲームをブレーク、しかし続くゲームをブレーク・バックされる。
第6ゲームで大坂がブレーク。ところが、第7ゲームは40-0からブレーク・バックを許してしまう。

第10ゲーム、シャラポワのサーブ、デュース後、ダブルフォルトで大坂はマッチポイントをつかむ。
最後はシャラポワのバックがネット!
第2セットも6-4で勝利だ。

「(大坂は)期待のプレーヤー。
ストロークは深く、サーブも良い」とシャラポワは脱帽。

大坂、2回戦で第31シードのラドバンスカ(ポーランド)と対戦する。

杉田祐一3時間の激戦

最後の最後まで戦う杉田祐一 この姿勢は次につながる。

<<1回戦>>
H・ゼバリョス 67(5) 64 76(4) ●杉田祐一

H・ゼバリョスは66位。2009年にはATP新人賞に輝いたプレーヤー。最高ランキング39位。

第1セットはタイブレークに。

杉田はネットプレーで6-5とセットポイントを掴む。
相手のドライブ・ボレーはネットにはねワイド、杉田が7-5でタイブレークを取る。

第2セットはバックのダウン・ザ・ラインを決められ。ゼバイヨスが取り返す。

ファイナル・セット

先にブレークされた杉田だが、3-5から挽回、タイブレークに。

タイブレーク最初のポイント、杉田がフォアを深く決め1-0と思われたがチャレンジされ、そのボールはロングと判定0-1。

12回のラリー戦に勝ち3-3とする。
強気の攻め、凄い精神力を感じさせる杉田のプレーだ。

14回目のラリー、ネットにつく杉田だが、パッシング・ショットを決められ3-5。

杉田のフォアのリターンはネットの白帯にあたり、4-6とマッチポイントを握られる。

7回のラリー、杉田のショットはわずかにワイド、
4-7で悔しい敗戦。

2時間50分の激戦。
負けてしまったが最後まで諦めず、強気のプレーを貫いた杉田のプレーは感動的だった。

錦織圭初戦は11日日曜日

第22シードの錦織圭(日清食品)の初戦(2回戦)はL・メイヤー(47位、30歳、アルゼンチン)とエストレーラ ブルゴス(153位、37歳、ドミニカ)の勝者と対戦する。
ボトムハーフにいる錦織の試合は現地11日の予定だ。

錦織の3回戦は第10シードのN・ジョコビッチ(セルビア)か?
ジョコビッチはダニエル太郎対C.NORRIE(GBR)の勝者と対戦する。

BNP パリバ・オープン2018詳細・対戦成績

記事:塚越亘/塚越景子/ 写真H.Sato/TennisJapan