★グランド・スラム
■Wimbledon – Wimbledon, Great Britain (Grass)
21日から英国のロンドンで開催される芝の4大大会、ウィンブルドン選手権(賞金総額13,725,000ユーロ、芝)の男子シングルス・本戦ドローが発表された。
第1シードには、前年の優勝者で、史上最多となる16度目のグランドスラム優勝回数を誇る王者ロジャー・フェデラー(28歳、スイス)が、第2シードには先の全仏オープン優勝で世界ランク1位に返り咲いたラファエル・ナダル(24歳、スペイン)、第3シードにはノバク・ジョコビッチ(23歳、セルビア)が入った。
また、日本勢からは注目の錦織圭(20歳)の1回戦の対戦相手が、第2シードのナダルとなった。両者は2008年のAEGON選手権(芝)で一度対戦があり、ナダルがセットカウント2-1で錦織を下している。ナダルは、10月に行われる楽天ジャパンオープンの出場を表明したばかり。


そして、ラッキールーザー(予選敗者からの繰上り)でウィンブルドン初出場の添田豪(25歳)は、予選から勝ち上がってきた世界ランク165位のFISCHER, Martin(23歳、オーストリア)と対戦する。
◆上位シードは以下の通り
第1シード:ロジャー・フェデラー(28歳、スイス)
第2シード:ラファエル・ナダル(23歳、スペイン)
第3シード:ノバク・ジョコビッチ(24歳、セルビア)
第4シード:アンディ・マリー(23歳、英国)
第5シード:アンディ・ロディック(27歳、米国)
第6シード:ロビン・ソデルリング(25歳、スウェーデン)
第7シード:ニコライ・ダビデンコ(29歳、ロシア)
第8シード:フェルナンド・ベルダスコ(26歳、スペイン)
大会は21日から7月4日までの2週間の日程で行われる。

グランドスラム:13,725,000ユーロ Wimbledon

男子シングルス
1回戦

【トップハーフ】
ロジャー・フェデラー(スイス)[1] vs アレハンドロ・ファリャ(コロンビア)
BOZOLJAC, Ilija(セルビア)(Q) vs ニコラス・マスー(チリ)
ヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア) vs アルノー・クレマン(フランス)
ピーター・ルクザック(オーストラリア) vs トミー・ロブレド(スペイン)[30]
フェリシアーノ・ロペス(スペイン)[22] vs LEVINE, Jesse(米国)(L)
BERANKIS, Ricardas(リトアニア)(Q) vs BALL, Carsten(オーストラリア)(Q)
イゴール・クニツィン(ロシア) vs ビクトル・トロイツキ(セルビア)
BROWN, Dustin(JAM) vs ユルゲン・メルツァー(オーストリア)[16]