★グランド・スラム
■Wimbledon – Wimbledon, Great Britain (Grass)
21日から英国のロンドンで開催される芝の4大大会、ウィンブルドン選手権(賞金総額13,725,000ユーロ、芝)の女子シングルス・本戦ドローが発表された。
第1シードには昨年のチャンピオンであり、4大大会12勝の実績を持つ妹のセリーナ・ウィリアムズ(28歳、米国)が、第2シードには4大大会7勝の姉のビーナス・ウィリアムズ(29歳、米国)と、全仏オープンに続き、姉妹で上位1、2シードに入った。
続く第3シードには2009年USオープン準優勝のキャロライン・ウォズニアッキ(19歳、デンマーク)が、第4シードには、先の全仏オープンBEST4のエレナ・ヤンコビッチ(25歳、セルビア)が入り、共に4大大会初優勝を狙う。
また、先の全仏オープンを制した、フランチェスカ・スキアボーネ(29歳、イタリア)は、第5シードとして、ボトムハーフに入った。


◆上位シードは以下の通り
第1シード:セリーナ・ウィリアムズ(28歳、米国)
第2シード:ビーナス・ウィリアムズ(29歳、米国)
第3シード:キャロライン・ウォズニアッキ(19歳、デンマーク)
第4シード:エレナ・ヤンコビッチ(25歳、セルビア)
第5シード:フランチェスカ・スキアボーネ(29歳、イタリア)
第6シード:サマンサ・ストーサー(26歳、オーストラリア)
第7シード:アグニエシュカ・ラドワンスカ(21歳、ポーランド)
第8シード:キム・クライシュテルス(27歳、ベルギー)
なお、日本勢からはクルム伊達公子(39歳)と森田あゆみ(20歳)、予選から勝ち上がった奈良くるみ(19歳)の3名が出場。
クルム伊達は1回戦で、第31シードで世界ランク32位のアレクサンドラ・ドゥルゲル(21歳、ルーマニア)と対戦する。両者は2009年に一度対戦があり、クルムが勝利している。
また、森田は、世界ランク72位のベテラン、タマリネ・タナスガーン(33歳、タイ)と初対戦。奈良は、世界ランク116位のDUQUE MARINO, Mariana(20歳、コロンビア)と対戦する。両者は2010年クレーコートの大会で一度対戦があり、奈良が勝利している。森田と奈良は、4大大会での初勝利を狙う。
大会は21日から7月4日までの2週間の日程で行われる。

グランドスラム:13,725,000ユーロ Wimbledon

女子シングルス
1回戦

【トップハーフ】
セリーナ・ウィリアムズ(米国)[1] vs LARCHER DE BRITO, Michelle(ポーランド)
アンナ・チャクベタゼ(ロシア) vs アンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)
タマリネ・タナスガーン(タイ) vs 森田あゆみ(日本)
ドミニカ・チブルコバ(スロバキア) vs ルーシー・サファロバ(チェコ)[25]
ダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)[24] vs バニア・キング(米国)
バルボラ・ザーロバ・ストリツォバ(チェコ) vs エレーナ・ベスニナ(ロシア)
イオアナ・ラルカ・オラル(ルーマニア) vs アリーゼ・コルネ(フランス)
カテリナ・ボンダレンコ(ウクライナ) vs マリア・シャラポワ(ロシア)[16]