★グランド・スラム
■Wimbledon – Wimbledon, Great Britain (Grass)
英国のロンドンで開催されている芝の4大大会、ウィンブルドン選手権(賞金総額13,725,000ユーロ、芝)は22日、大会2日目を迎え、ボトムハーフの男子シングルス1回戦が行われた。上位シード勢では、第2シードのラファエル・ナダル(24歳、スペイン)が、日本期待の錦織圭(20歳)を 6-2 6-4 6-4 のストレートで下したのを始め、第4シードのアンディ・マリー(23歳、英国)、第6シードで先の全仏オープン準優勝のロビン・ソデルリング(25歳、スウェーデン)も共にセットカウント3-0のストレートで危なげなく勝ち上がった。


一方、第8シードのフェルナンド・ベルダスコ(26歳、スペイン)は、世界ランク80位のファビオ・フォニュイーニ(23歳、イタリア)に、6-7(9) 2-6 7-6(6) 4-6で敗れる波乱が起きた。
また、初のウィンブルドン出場となった世界ランク124位の添田豪(25歳)は、予選から勝ち上がってきた世界ランク164位のFISCHER, Martin(23歳、オーストリア)と対戦したが、4-6 3-6 1-6のストレートで敗れ、2回戦進出はならなかった。
これで、日本男子勢は、大会から姿を消すこととなった。
大会3日目の23日は、トップハーフの男子シングルス2回戦が行われる予定で、連覇を狙う第1シードのロジャー・フェデラー(28歳、スイス)らが登場する。
ライブスコアはこちら(大会公式サイト)

グランドスラム:13,725,000ユーロ Wimbledon

男子シングルス
2回戦

【トップハーフ】
ロジャー・フェデラー(スイス)[1] vs BOZOLJAC, Ilija(セルビア)(Q)
アルノー・クレマン(フランス) vs ピーター・ルクザック(オーストラリア)
フェリシアーノ・ロペス(スペイン)[22] vs BERANKIS, Ricardas(リトアニア)(Q)
ビクトル・トロイツキ(セルビア) vs ユルゲン・メルツァー(オーストリア)[16]