★グランド・スラム
■Wimbledon – Wimbledon, Great Britain (Grass)
英国のロンドンで開催されている芝の4大大会、ウィンブルドン選手権(賞金総額13,725,000ユーロ、芝)は、大会11日目の7月2日、男子シングルスの準決勝が行われ、第2シードのラファエル・ナダルが、第4シードでイギリス期待のアンディ・マリー(23歳、英国)を 6-4 7-6(6) 6-4 で下し、4度目の決勝の舞台に上がった。
準決勝のもう一試合、第3シードのノバク・ジョコビッチ(23歳、セルビア)と、準々決勝で第1シードのロジャー・フェデラーを破り、勢いに乗る第12シードのトーマス・ベルディハ(24歳、チェコ)の試合は、6-3 7-6(9) 6-3 のストレートでベルディハが制し、初の4大大会決勝戦に進出した。


この日、ナダルは出だしから安定したサービスゲームでマリーにブレークチャンスを与えず、自身は1度のブレークを奪い 6-4 で 第1セットを先取する。第2セットは、マリーも調子を上げてきて拮抗した展開のままタイブレークに突入する。タイブレーク 6-6 の場面、マリーがバックのスライスでアプローチを試みたが、ナダルのバックハンドのショットがネットをかすめ、ボールはマリーの頭上を越えていった。運をも味方につけたナダルが、そのまま 8-6 でタイブレークを制し第2セットを取ると、第3セットも2度のブレークで 6-4 と勝負を決めた。
そして、ジョコビッチとベルディハの一戦、前の試合でフェデラーを破り勢いに乗るベルディハは、この日も強烈なサーブで試合を組み立てる。ファーストサービスが入った時には81%の確率でポイントを奪うなど、ジョコビッチにブレークチャンスを与えない。またウィナー(エース)の数も34本と、ジョコビッチの25本を上回り、調子の良さが伺える展開となった。結局、ジョコビッチに1度しかブレークを許さずに 3-0 のストレート勝ちで、初の決勝進出を決めた。
決勝のカード、ナダル対ベルディハは大会最終日の7月4日に予定されている。
ライブスコアはこちら(大会公式サイト)
両者の対戦成績は 7-3 でナダルがリードしている。芝での対戦は、2007年のウィンブルドン選手権準々決勝。その時はナダルが 7-6(1) 6-4 6-2 で勝利している。

ナダル vs ベルディハ Head to Head
ラファエル・ナダル vs トーマス・ベルディハ
対戦成績
24 年齢 24
スペイン 国籍 チェコ
185cm 身長 196cm
85kg 体重 91kg
1位 ランキング 13位
28-4 全英勝敗 20-6
46-5 2010勝敗 36-11
8-1 2010芝コート勝敗 6-0
40 生涯タイトル 5
7 4大大会タイトル 0
左利き
両手バックハンド
利き手 右利き
両手バックハンド
バボラ
AeroPro Drive GT
使用ラケット ダンロップ
Aerogel 4D 200

※勝敗は左が勝ち数、右が負け数。勝敗には、今大会の成績を含む。

グランドスラム:13,725,000ユーロ Wimbledon

男子シングルス
準決勝

トーマス・ベルディハ(チェコ)[12] vsラファエル・ナダル(スペイン)[2]

準決勝

【トップハーフ】
トーマス・ベルディハ(チェコ)[12] 6-3 7-6(9) 6-3 ●ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[3]
【ボトムハーフ】
ラファエル・ナダル(スペイン)[2] 6-4 7-6(6) 6-4 ●アンディ・マリー(英国)[4]

準々決勝

【トップハーフ】
トーマス・ベルディハ(チェコ)[12] 6-4 3-6 6-1 6-4 ●ロジャー・フェデラー(スイス)[1]
ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[3] 6-3 6-2 6-2 ●廬彦勲(台湾)
【ボトムハーフ】
アンディ・マリー(英国)[4] 6-7(5) 7-6(5) 6-2 6-2 ●ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)[10]
ラファエル・ナダル(スペイン)[2] 3-6 6-3 7-6(4) 6-1 ●ロビン・ソデルリング(スウェーデン)[6]

4回戦

【トップハーフ】
ロジャー・フェデラー(スイス)[1] 6-3 6-2 6-3 ●ユルゲン・メルツァー(オーストリア)[16]
トーマス・ベルディハ(チェコ)[12] 4-6 7-6(1) 7-5 6-3 ●BRANDS, Daniel(ドイツ)
———-
ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[3] 7-5 6-4 3-6 6-4 ●レイトン・ヒューイット(オーストラリア)[15]
廬彦勲(台湾) 4-6 7-6(3) 7-6(4) 6-7(5) 9-7 ●アンディ・ロディック(米国)[5]
【ボトムハーフ】
ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)[10] 6-1 6-4 3-6 6-1 ●ジュリアン・ベネトー(フランス)[32]
アンディ・マリー(英国)[4] 7-5 6-3 6-4 ●サム・クエリー(米国)[18]
———-
ロビン・ソデルリング(スウェーデン)[6] 6-2 5-7 6-2 3-6 7-5 ●ダビド・フェレール(スペイン)[9]
ラファエル・ナダル(スペイン)[2] 6-4 6-2 6-2 ●ポールアンリ・マチュ(フランス)

3回戦

【トップハーフ】
ロジャー・フェデラー(スイス)[1] 6-2 6-4 6-2 ●アルノー・クレマン(フランス)
ユルゲン・メルツァー(オーストリア)[16] 4-6 6-3 6-2 6-4 ●フェリシアーノ・ロペス(スペイン)[22]