4月30日 トルコのイスタンブールで行われている「TEB BNPパリバ・イスタンブール・オープン」(ATP250)のシングルス1回戦で、ダニエル太郎(エイブル)がM・ベレッティーニ(イタリア)を7-5 6-3で破り2回戦へ進出した。
ダニエル太郎にとっては、ジョコビッチなどを破り3回戦まで勝ち進んだ3月のインディアンウェルズ(ATP1000)以来となるツアー本戦勝利。
(その時の記事)

ダニエルは2回戦で、第4シードのA・ベデネ(スロベニア)と対戦する。
マクラクラン勉がN・モンロー(アメリカ)と組み第1シードとしてダブルスに出場している。
シングルスの第1シードはM・チリッチ(クロアチア)、第2シードはD・ジュムホール(ボスニア)。

ドイツ、ミュンヘンで行われている「BMWオープン」(ATP250)には杉田祐一(三菱電機)が第8シードで出場している。1回戦は134位のY・マデン(ドイツ)と対戦。杉田の試合は日本時間で5/1の18時からだ。

第1シードは2連覇を狙うA・ズベレフ(ドイツ)、第2シードはバウティスタ アグート(スペイン)、第3シードはD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第4シードは韓国の鄭現(チョン ヒヨン)。
杉田はA・ズベレフの兄、M・ズベレフとダブルスに出場したが、1回戦で敗れた。

韓国で行われている下部ツアー「ソウル チャレンジャー」に大勢の日本人プレーヤー達が参戦している。
本戦には、添田豪(GODAI)、伊藤竜馬(北日本物産)、内山靖崇(北日本物産)、高橋悠介(三菱電機)。
厳しい予選を徳田廉大(フリー)、綿貫陽介(日清食品)、越智真(江崎グリコ)の三人が見事勝ち上がり、本戦入りした。

杉田祐一出場
大会オフィシャルHP:BMW・オープンby FWU

ATP 250:€561,345 BMW・オープン
期間:4/30 – 5/6, 2018
男子28ドロー
ドローnet版
ドローPDF
ダブルスドロー
ダニエル太郎、マクラクラン勉出場
大会オフィシャルHP:TEB BNP Paribasイスタンブール・オープン

ATP 250:€486,145 イスタンブール・オープン
期間:4/30 – 5/6, 2018
男子28ドロー
ドローPDF版
ドローnet版
ダブルスドロー
7人の日本人プレーヤー本戦出場
ATP Challenger:$100,000 Vitro ソウル オープン・チャレンジャー

期間:4/30 – 5/6, 2018
男子32ドロー
シングルス&ダブルスドロー
予選ドロー
ダニエル太郎 インディアンウェルズ以来のツアー勝利

記事:塚越亘/塚越景子 写真:TennisJapan