★グランド・スラム
■US Open – new york, USA (Hard)
米国はニューヨークで開催されている今季最後の4大大会、USオープン(賞金総額10,508,000ドル、ハード)は、大会6日目となった9月4日、男子シングルスのボトムハーフ3回戦8試合が行われ、第2シードのロジャー・フェデラー(29歳、スイス)、第3シードのノバク・ジョコビッチ(23歳、セルビア)、第5シードのロビン・セーデリング(26歳、スウェーデン)がいずれもセットカウント3-0のストレート勝ちを収め、4回戦に駒を進めた。


フェデラーは、ポールアンリ・マチュ(28歳、フランス)を6-4 6-3 6-3 で、ジョコビッチも地元期待のジェームズ・ブレーク(米国)を6-1 7-6(4) 6-3 で、セーデリングはティエモ・デ=バッカー(21歳、オランダ)を6-2 6-3 6-3 で下し、上位シード勢の好調さが伺える。特にフェデラーはここまで1セットも失うことなく勝ち上がって来た。
また、ウィンブルドンを怪我で欠場、フランスの神童と呼ばれるリシャール・ガスケ(24歳、フランス)も2回戦で第6シードのニコライ・ダビデンコ(29歳、ロシア)を下した勢いそのままに、ケビン・アンダーソン(24歳、南アフリカ)を、6-4 7-6(3) 7-5のストレートで下した。
そして注目の錦織圭(20歳)は、第21シードで世界ランク23位のアルベルト・モンタネス(29歳、スペイン)と対戦、第1セットを2-6で失い迎えた第2セットの途中で、左足つけ根の故障のため、リタイア(棄権)した。
錦織、モンタナス戦の詳細は⇒こちら
大会7日目となる5日は、男子シングルス、トップハーフの3回戦8試合が行われる予定で、生涯グランドスラムを狙う第1シードのラファエル・ナダル(24歳、スペイン)、悲願の初優勝を狙う第4シードのアンディ・マリー(23歳、英国)らが登場する。
そして注目は、ナダルとジル・シモン(25歳、フランス)の一戦。シモンは膝の怪我から今季の全豪、全仏を欠場していたが、元世界ランク6位の実力者。熱戦が期待される。過去の対戦成績は3勝1敗でナダルがリードしている。
ライブスコア⇒こちら(大会公式サイト)

グランドスラム:10,508,000ドル US Open

男子シングルス
4回戦

【トップハーフ】
 未決定
【ボトムハーフ】
リシャール・ガスケ(フランス) vs ガール・モンフィス(フランス)[17]
マーディ・フィッシュ(米国)[19] vs ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[3]