★グランド・スラム
■US Open – new york, USA (Hard)
米国はニューヨークで開催されている今季最後の4大大会、USオープン(賞金総額10,508,000ドル、ハード)は、大会13日目となった9月11日、女子シングルスの決勝が行われ、第2シードのキム・クライシュテルス(27歳、ベルギー)が、第7シードのベラ・ズボナレワ(26歳、ロシア)を6-2 6-1のストレートで下し、昨年に続いて通算3度目の優勝を飾った。


試合前のコイントスには、往年の名選手、マルチナ・ナブラチロワとクリス・エバートがゲストとして登場、ショータイムのスタートを飾った。
第1セット、両者攻撃的な打ち合いとなり、迎えた第6ゲーム、先にクライシュテルスがブレークに成功しリードを奪うと、5-2で迎えた第8ゲームでも再びブレークに成功、6-2で先制した。ズボナレワは、この大会、初めてセットを失った。クライシュテルスはファーストサーブを80%の高い確率で成功させ、アンフォースドエラー(凡ミス)も6本(ズボナレワ13本)と安定したテニスを展開した。
第2セット、立ち上がり第2ゲームのズボナレワのサービスゲーム、0-40からダブルフォルトで失うと、流れは一気にクライシュテルスに、ズボナレワは第6ゲームでも再びダブルフォルトでゲームを失うと、そのまま、クライシュテルスが6-1で振り切った。
試合時間は、僅かに60分、攻撃的でミスの少ないプレーを展開したクライシュテルスが、ズボナレワにテニスをさせなかった。
クライシュテルスは連覇を達成、2005年の優勝と合わせ3回目の優勝となり、USオープン大会で21連勝とした。
敗れたズボナレワは、ウィンブルドン選手権に続いての準優勝となり、悲願の4大大会初優勝は、来シーズン以降に持ち越しとなった。
ライブスコア⇒こちら(大会公式サイト)

試合経過
第1セット 10 11 12 TB  
ベラ・ズボナレワ                      
キム・クライシュテルス              
第2セット 10 11 12 TB  
ベラ・ズボナレワ                        
キム・クライシュテルス              

試合時間:1時間0分
※表の見方
 ○:サービスキープ
 ◎:サービスブレーク

グランドスラム:10,508,000ドル US Open

女子シングルス
決勝

キム・クライシュテルス(ベルギー)[2] 6-2 6-1 ●ベラ・ズボナレワ(ロシア)[7]

準決勝

【トップハーフ】
ベラ・ズボナレワ(ロシア)[7] 6-4 6-3 ●キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)[1]
【ボトムハーフ】
キム・クライシュテルス(ベルギー)[2] 4-6 7-6(2) 6-4 ●ビーナス・ウィリアムズ(米国)[3]

準々決勝

【トップハーフ】
キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)[1] 6-2 7-5 ●ドミニカ・チブルコバ(スロバキア)
ベラ・ズボナレワ(ロシア)[7] 6-3 7-5 ●カイア・カネピ(エストニア)[31]
【ボトムハーフ】
ビーナス・ウィリアムズ(米国)[3] 7-6(5) 6-4 ●フランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)[6]
キム・クライシュテルス(ベルギー)[2] 6-4 5-7 6-3 ●サマンサ・ストーサー(オーストラリア)[5]

4回戦

【トップハーフ】
キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)[1] 6-3 6-4 ●マリア・シャラポワ(ロシア)[14]
ドミニカ・チブルコバ(スロバキア) 7-5 7-6(4) ●スべトラーナ・クズネツォワ(ロシア)[11]