6月12日 全仏オープン 女子ダブルス(全仏賞金総額50憶円、全仏ダブルス優勝賞金7,200万円)

全仏オープン女子ダブルスで準優勝した穂積絵莉/二宮真琴(ともに橋本総業)、エリマコ・ペアが12日に帰国した。
日本人ペアとしてグランドスラム大会決勝進出は史上初の快挙。

羽田空港に到着したエリマコ・ペア。約30名の報道陣や100人を越える一般客の出迎えに驚いたと言う。

準優勝で稼いだ賞金は二人で28万ユーロ(約3600万円)と言う大金。
帰国して食べたいものは?と聞かれ、穂積はギョーザ、二宮は牛タンと答えたと言う。

12日発表の最新ダブルス・ランキングで二宮真琴は23位。穂積絵莉31位となった。

二人は18日から開催の芝の大会に、すぐ出発予定。

二宮はスペイン マヨルカ・オープン
穂積は英国 バーミンガムNature Valley Classicに出場を予定している。

ウィンブルドンでは、穂積は昨年全豪4強だった加藤未唯(ザイマックス)と出場。
二宮はカラシニコワ(ジョージア)と組んで出場する。

日本女子トップ100
ダブルスランキング 6/12付け

23位 二宮真琴
29位 青山修子
31位 穂積絵莉
59位 日比野菜緒
61位 加藤未唯
WTAランキング

取材協力:綿貫裕介(二宮真琴)コーチ

穂積絵莉/二宮真琴 エリマコ・ペア

全仏オープンテニス2018詳細・賞金

二宮真琴/穂積絵莉組 準優勝3600万円
全仏ダブルス
優勝賞金:€560,000(7200万円)
準優勝:€280,000(3600万円)
ベスト4:€139,000(1800万円)
ベスト8:€76,000(1千万円)
3回戦:€41,000(540万円)
2回戦:€22,000(300万円)
1回戦:€11,000(150万円)
女子ダブルスドロー 
ミックスダブルスドロー

記事:塚越亘/塚越景子/T.Terashima/取材協力:内田暁 photo/H.sato/Tennis Japan