12月12日から中国の広州で開催されているアジアパラリンピック2010、18日のテニス競技最終日に男女シングルス決勝、男女3位決定戦が行われた。ライバル対決となった男子シングルス決勝、第1シードの国枝慎吾(26歳)が第2シードの齋田悟司(38歳)を6-3 6-3のストレートで下し、見事金メダルを獲得した。
また、男子3位決定戦には第3シードの藤本佳伸(34歳)が挑んだが、第4シードのOH,Sang Ho(30歳、韓国)に6-7(2) 2-6で敗れ、惜しくも銅メダルを逃した。女子3位決定戦に挑んだ堂森佳南子(35歳)も、HUANG,Jin Lian(中国)に3-6 5-7で敗れ、銅メダル獲得はならなかった。


国枝と齋田のライバル対決は、世界ランク1位の王者国枝に軍配が上がった。国枝は安定したサービスを武器に第1、2セットともに1度しかブレークを許さず、逆に自身は5度のブレークを奪い勝利を決めた。また、奪ったウイナー(エース)の数は18本(齋田は7本)とストローク力の差も見せた。
藤本は惜しくも勝利を逃した。相手のHUANGとは6度目の対戦、過去には2勝を挙げているが最近3試合で3連敗を喫している相手。リベンジが期待されたが、この日の藤本は第1セットからうまくファーストサービスをポイントに結び付けられずブレークを5個奪われる。しかし自身もしぶとくブレークを積み上げ食らいつくも、タイブレークで第1セットを先取される。そのまま第2セットに入っても流れを変えられず2-6で落としゲームセット。あと一歩でメダルに手が届かなかった。
また、女子の堂森もHUANGの安定したサービスゲームから僅か1つしかブレークを奪えず、逆に4つブレークを奪われ悔しい敗戦となった。
この結果、テニス競技日本代表チームは男子が金メダル2個(国枝:単複、齋田:複)、銀メダル1個(齋田:単)、女子は銀メダル1個(堂森/岡部裕子(34歳)組:複)を獲得した。
金メダルの栄光やメダル目前の悔しい惜敗もあった今大会、19日には閉会式を終え代表メンバーは帰国の途に着く。日の丸を背に日本代表として戦った選手たちには、胸を張って帰国してもらいたい。2012年に開催されるロンドン五輪も視野に入れ、選手たちの転戦の日々は続く。

アジアパラリンピック2010

男子シングルス
決勝

国枝慎吾[1] 6-3 6-3 ●齋田悟司[2]

3位決定戦

○OH,Sang Ho(韓国)[4] 7-6(2) 6-2 ●藤本佳伸[3]

準決勝

国枝慎吾[1] 6-1 6-0 ●藤本佳伸[3]
齋田悟司[2] 6-3 6-1 ●OH,Sang Ho(韓国)[4]

準々決勝

国枝慎吾[1] 6-1 6-2 ●KIM,Sam Ju(韓国)[6]
○藤本佳伸[3] 6-2 6-3 ●KHLONGRUA,Suthi(タイ)[8]
齋田悟司[2] 6-3 6-1 ●LEE,Ha Gel(韓国)[5]

2回戦

国枝慎吾[1] 6-0 6-0 ●WEI,Zujun(中国)
○藤本佳伸[3] 6-0 6-0 ●HAMDAN,Mohammed(イラク)
齋田悟司[2] 6-2 6-1 ●GAMINI,Dissanayaka(スリランカ)

1回戦

国枝慎吾[1] BYE
○藤本佳伸[3] BYE
齋田悟司[2] BYE

男子ダブルス
決勝

国枝慎吾/齋田悟司[1] 6-0 6-2 ●LEE,Ha Gel/OH,Sang Ho(韓国)[2]

準決勝

国枝慎吾/齋田悟司[1] 6-2 6-0 ●KHLONGRUA,Suthi/KRUAMAI,Sumrerng(タイ)[3]

準々決勝

国枝慎吾/齋田悟司[1] 6-1 6-0 ●BORHAN,Abu Samah/KEE,King Hong(マレーシア)

1回戦

国枝慎吾/齋田悟司[1] BYE

女子シングルス
3位決定戦

○HUANG Jin Lian(中国) 6-3 7-5 ●堂森佳南子[2]

準決勝

○DONG,Fuli(中国) 7-5 6-1 ●堂森佳南子[2]

準々決勝

○HUANG,Jin Lian(中国) 6-2 6-1 ●岡部裕子[3]
○堂森佳南子[2] 7-5 6-1 ●INTHANIN,Choosri(タイ)

1回戦

○岡部裕子[3] 6-3 3-6 6-4 ●LU,Chia Yi(台湾)
○DONG,Fuli(中国) 6-4 7-6(4) ●上地結衣[4]
○堂森佳南子[2] 6-1 6-1 ●HUANG Hui Min(中国)

女子ダブルス
1位、2位決定戦

○KHANTHASIT,Sakhorn(タイ)/TECHAMANEEWAT,Ratana(タイ)[2] 6-3 6-3 ●堂森佳南子/岡部裕子[1]

ラウンドロビン
選手 堂森/
岡部[1]
KHANT/
TECHA
(タイ)[2]
LU/
WU
(台湾)
HUANG/
HUANG
(中国)
SO/
TANG
(香港)
勝敗 得失
セット
順位
堂森/岡部 0-2 2-0 2-0 2-0 3-1 6-2 2
KHANT/TECHA 2-0 2-0 2-0 2-0 4-0 8-0 1
LU/WU 0-2 0-2 2-0 2-0 2-2 4-4 3
HUANG/HUANG 0-2 0-2 0-2 2-0 1-3 2-6 4
SO/TANG 0-2 0-2 0-2 0-2 0-4 0-8 4

※カッコ[]内数字はシード順位、BYE:シードのため1回戦免除