★グランド・スラム
■Australian Open 2011 – Melbourne, Australia
15日、17日からオーストラリアはメルボルンで始まる今年最初の4大大会、全豪オープン(ハード)の女子シングルス予選2回戦が行われ、日本勢から3選手が登場。第10シードで世界ランク128位の奈良くるみ(19歳)は、第1セットを失ったものの見事に逆転で勝利し予選決勝に進んだ。一方、第13シードで同ランク133位の土居美咲(19歳)、瀬間詠里花(22歳)は残念ながら敗れ、決勝に進出することはできなかった。


奈良は、世界ランク332位のERAKOVIC, Marina(22歳、ニュージーランド)を相手に、4-6 6-1 6-3と、第1セットを失ったものの、第2セット以降は実力を発揮し逆転に成功、2009年全仏オープンとウィンブルドンに続く3度目の4大大会本戦に王手をかけた。
一方、土居は同ランク148位のKARATANTCHEVA, Sesil(21歳、カザフスタン)と対戦、第1セットを3-6で先制された後、第2セットをタイブレークの7-6(3)で奪い返したが、第3セットの0-2となったところで、痙攣から棄権を申し出た。
瀬間詠里花も、第3シードのチャン・ユンジャン(21歳、台湾)に3-6 2-6のストレートで敗れた。
この結果、奈良だけが予選決勝に残った。決勝では、第18シードで世界ランク139位のRUS, Arantxa(20歳、ニュージーランド)と対戦する。両者は初対戦となる。
注目の奈良の決勝戦は、本日16日、6番コートの第2試合(第1試合の開始は日本時間午前8時)に行われる。
◆関連サイト
ライブスコア(大会公式サイト)
シングルス・ドロー(大会公式サイト)

GrandSlam:Australian Open 2011

シングルス予選
予選決勝

奈良くるみ[10] vs RUS, Arantxa(ニュージーランド)[18]

予選2回戦

○KARATANTCHEVA, Sesil(カザフスタン) 6-3 6-7(3) 2-0 Ret. ●土居美咲[13]
○チャン・ユンジャン(台湾)[3] 6-3 6-2 ●瀬間詠里花
奈良くるみ[10] 4-6 6-1 6-3 ●ERAKOVIC, Marina(ニュージーランド)

予選1回戦

○VANDEWEGHE, Coco(米国)[1] 7-5 6-3 ●中村藍子
土居美咲[13] 6-2 6-4 ●不田涼子
瀬間詠里花 6-4 3-6 6-3 ●PLISKOVA, Kristyna(チェコ)
○KUCOVA, Zuzana(スロバキア)[4] 6-2 6-3 ●飯島久美子
奈良くるみ[10] 6-2 6-2 ●IVANOVA, Ekaterina(ロシア)
※カッコ[]内数字はシード順位、WC:主催者推薦出場、Ret.:途中棄権