★グランド・スラム
■Australian Open 2011 – Melbourne, Australia
オーストラリアはメルボルンで今年最初の4大大会、全豪オープン(ハード)がいよいよ開幕した。初日となった17日、男子シングルスの1回戦に、日本期待の錦織圭(21歳)が登場、世界ランク57位のファビオ・フォニュイーニ(23歳、イタリア)と第1試合で対戦し、6-1 6-4 6-7(4) 6-4 のセットカウント3-1で勝利、昨年のUSオープンに続き見事に初戦を突破した。


この日の錦織、第1セットは3つのサービスブレークを奪い僅か26分、6-1で先制する好スタートを切った。第2セットも1ブレークアップの6-4で奪うと、第3セットはお互い2度のブレークを奪い突入したタイブレークを4-7で失ったが、第4セットは一度だけ訪れたブレークチャンスを見事に活かし6-4で振り切った。
課題のサービスでは、69%の確率でファーストサービスを成功させ6つのエースを奪った。トータルポイントでも142対122と、20ポイント差をつけての危なげない勝利、試合時間は2時間28分だった。
勝った錦織は、2回戦では第23シードのニコライ・ダビデンコ(29歳、ロシア)と世界ランク36位のフロリアン・メイヤー(27歳、ドイツ)との勝者と対戦する。ダビデンコは2006年には世界ランクを3位まで上げている強豪、身長178cmのオールラウンダーで、錦織とは初対戦となる。
◆関連サイト
試合予定(大会公式サイト)
ライブスコア(大会公式サイト)