★グランド・スラム
■Australian Open 2011 – Melbourne, Australia
いよいよ大会最終日となる30日、全豪オープン(ハード)の男子シングルス決勝が行われる。128ドローから決勝に勝ち上がったのは、第3シードのノバク・ジョコビッチ(23歳、セルビア)と、第5シードのアンディ・マリー(23歳、英国)となった。


今大会、第1シードのラファエル・ナダル(24歳、スペイン)と、第2シードのロジャー・フェデラー(29歳、スイス)が決勝戦を前に敗れ、これまで両雄の背中を一番手として追って来た2人の決勝戦となった。
フェデラー、ナダルがいない決勝戦となると、2008年の全豪オープン、ジョコビッチ対ジョーウィルフリード・ツォンガ(25歳、フランス)まで遡る。(ジョコビッチが優勝)
23歳の同い年となるジョコビッチとマリー、ジョコビッチは4大大会のタイトル1つを持つが、マリーは2度決勝で涙を飲んできた。
両者、過去の対戦成績は4勝3敗でジョコビッチがリード。ジョコビッチ4連勝の後、マリーが3連勝しているが、2010年以降は対戦がなく数字は過去のものと言える。そして、意外にも4大大会では初対戦となる。
準決勝の両者の戦い振りを見ると、ジョコビッチが隙のないテニスを披露したように見えた。そして、マリーが中1日で決勝に臨むのに対し、ジョコビッチは中2日で臨めるのも有利に働きそうだ。
ジョコビッチは今大会、これまでよりも、より力を付けてきたように感じる。準決勝では、フェデラーをストレートで破って自信も掴んでいるはずだ。ジョコビッチ優位は動かないか。
新しい世代の2人による決勝戦、優勝者が今後、ナダル、フェデラーを脅かす一番手になりそうだ。
注目の決勝戦は、30日(日)センターコートの第2試合(日本時間午後5時30分以降に開始)で行われる。
◆関連サイト
試合予定(大会公式サイト)
ライブスコア(大会公式サイト)
◆関連ニュース
マリーが逆転でフェレールを下し決勝進出/全豪オープン男子12日目
【速報】フェデラーも敗れる ジョコビッチが決勝進出/全豪オープン男子

Head to Head
アンディ・マリー vs ノバク・ジョコビッチ
3 対戦成績 4
23 年齢 23
英国 国籍 セルビア
190cm 身長 188cm
84kg 体重 80kg
5位 現ランキング 3位
2位 最高ランキング 2位
18-2 全豪得失セット 16-1
6-0 2011勝敗 6-0
16 生涯タイトル 18
0 4大大会タイトル 1
全豪オープン2010 プレー連続写真  
右利き
両手バックハンド
利き手 右利き
両手バックハンド
HEAD YouTek Radical Pro 使用ラケット HEAD YouTek IG Speed MP 18/20

※勝敗は左が勝ち数、右が負け数。勝敗には、今大会の成績を含む。