★女子世界ツアー・WTA International 大会
■$220,000 BMW Malaysian Open – Kuala Lumpur, Malaysia(Hard)
28日、マレーシアのクアラルンプールで行われているマレーシア・オープン(WTA International、ハード)のシングルス1回戦が行われ、第6シードで世界ランク57位の森田あゆみ (20歳)は、同ランク165位のKUSTOVA, Darya(24歳、ベラルーシ)を6-2 6-0 で一蹴、2回戦に進出した。


今シーズン好調を維持する森田は、格下の相手ながら油断することなく圧勝、ランキングの違いを見せつけた。今季は全豪オープンの3回戦進出を始め、世界ツアーのみに戦いの場所を移し9勝6敗と好調の森田、2回戦では世界ランク79位の張帥(22歳、中国)と対戦する。両者は初対戦となる。
一方、同ランク105位の波形純理(28歳)は、ワイルドカード(主催者推薦)で出場の同ランク184位のウルシュラ・ラドワンスカ(20歳、ポーランド)に、1-6 3-6 のストレートで敗れた。ウルシュラは、世界ランク10位のアグニエシュカ・ラドワンスカ(21歳)の妹となる。
当大会の本戦には、日本勢から5選手が出場、大会2日目となる3月1日には、第7シードのクルム伊達公子(40歳)、若手の奈良くるみ(19歳)、土居美咲(19歳)が1回戦に臨む。注目のクルム伊達は、予選上がりのルクセンブルクの選手と対戦する。
世界ツアーとなる大会に5選手を送り込んだ日本女子、テニス王国復活の狼煙を上げる活躍が期待される。
なお、大会初日、第1シードのフランチェスカ・スキアボーネ(30歳、イタリア)が、エレナ・ドキッチ(27歳、オーストラリア)に、6-2 6-7(1) 4-6の逆転で敗れる波乱が起きた。早くも第1シードが1回戦で姿を消した。
◆関連サイト
シングルスドロー(大会公式サイト)
試合予定(大会公式サイト)
ライブスコア(大会公式サイト)

WTA International :$220,000 BMW Malaysian Open

女子シングルス(日本選手を抜粋)
1回戦

奈良くるみ vs BOVINA, Elena(ロシア)
ウルシュラ・ラドワンスカ(ポーランド)(WC) 6-1 6-3 ●波形純理
クルム伊達公子[7] vs KREMER, Anne(ルクセンブルク)(Q)
森田あゆみ[6] 6-2 6-0 ●KUSTOVA, Darya(ベラルーシ)
土居美咲 vs LUZHANSKA, Tetiana(ウクライナ)(Q)

女子シングルス予選(日本選手を抜粋)
予選2回戦

○MOORE, Jessica(オーストラリア) 7-5 6-4 ●米村知子

予選1回戦

米村知子 7-5 6-3 ●青山修子
○KIM, So-Jung(韓国) 6-2 6-3 ●米村明子
○SUN, Shengnan(中国) 1-6 6-3 6-1 ●瀬間詠里花[3]
○HOFMANOVA, Nikola(オーストリア) 2-6 6-4 7-6(3) ●中村藍子

女子ダブルス(日本選手を抜粋)
1回戦

KRAJICEK, Michaella(オランダ)/タチヤナ・マレク(ドイツ)[1] vs 青山修子/CHAN, Chin-Wei(台湾)
○BOVINA, Elena(ロシア)/BRATCHIKOVA, Nina(ロシア) 6-1 6-4 ●中村藍子/瀬間詠里花
※カッコ[]内数字はシード順位、WC:主催者推薦出場、Q:予選通過者、Ret.:途中棄権