★女子世界ツアー・WTA International 大会
■$220,000 BMW Malaysian Open – Kuala Lumpur, Malaysia(Hard)
2日、マレーシアのクアラルンプールで行われているマレーシア・オープン(WTA International、ハード)のシングルス2回戦が行われ、第6シードで世界ランク57位の森田あゆみ(20歳)が、同ランク79位の張帥(22歳、中国)に6-0 6-4で圧勝、準々決勝進出を決めた。


好調、森田はこの日も冴えた。第1セットは3つのブレークを奪い6ゲーム連取で0封すると、第2セットも1つのブレークを許したものの逆に2つのブレークを奪い試合時間1時間9分で圧勝した。今シーズン、4大大会の全豪オープン、WTA Premier5(上位グレード大会)のバークレイズ・ドバイ・テニス選手権に続いての3回戦進出(今大会は準々決勝)を決めた森田。今大会では、更なる上位進出のチャンスを掴んだ。
一方、同ランク131位の奈良くるみ(19歳)は、同ランク91位のエレナ・ドキッチ(27歳、オーストラリア)と対戦、第1セットを6-3で先制するも、第2セットはタイブレークまで縺れ6-8で失うと、最終セットは2-6と2ブレーク差をつけられ惜しくも敗れた。
本日、残る日本勢の土居美咲(19歳)が2回戦に登場、第4シードで世界ランク31位のジャミラ・グロス(23歳、オーストラリア)と対戦する。両者は初対戦となる。グロスは今シーズン、モーリラ・ホバート国際(オーストラリア、ハード)で優勝している強豪。この試合の勝者が準々決勝で森田と対戦することになる。
土居の試合は、センターコートの第1試合、日本時間午後2時にスタートする。
また、この日行われたダブルス1回戦では、青山修子(23歳)/CHAN, Chin-Wei(26歳、台湾)組が、第1シードを破る金星を挙げた。
◆関連サイト
シングルスドロー(大会公式サイト)
試合予定(大会公式サイト)
ライブスコア(大会公式サイト)

WTA International :$220,000 BMW Malaysian Open

女子シングルス(日本選手を抜粋)
準々決勝

森田あゆみ[6] vs 土居美咲 or ジャミラ・グロス(オーストラリア)(WC)[4]

2回戦

エレナ・ドキッチ(オーストラリア) 3-6 7-6(6) 6-2 ●奈良くるみ
森田あゆみ[6] 6-0 6-4 ●張帥(中国)
土居美咲 vs ジャミラ・グロス(オーストラリア)(WC)[4]

1回戦

奈良くるみ 6-3 6-3 ●BOVINA, Elena(ロシア)
ウルシュラ・ラドワンスカ(ポーランド)(WC) 6-1 6-3 ●波形純理
○KREMER, Anne(ルクセンブルク)(Q) 4-6 6-2 7-6(5) ●クルム伊達公子[7]
森田あゆみ[6] 6-2 6-0 ●KUSTOVA, Darya(ベラルーシ)
土居美咲 6-2 6-3 ●LUZHANSKA, Tetiana(ウクライナ)(Q)

女子シングルス予選(日本選手を抜粋)
予選2回戦

○MOORE, Jessica(オーストラリア) 7-5 6-4 ●米村知子

予選1回戦

米村知子 7-5 6-3 ●青山修子
○KIM, So-Jung(韓国) 6-2 6-3 ●米村明子
○SUN, Shengnan(中国) 1-6 6-3 6-1 ●瀬間詠里花[3]
○HOFMANOVA, Nikola(オーストリア) 2-6 6-4 7-6(3) ●中村藍子

女子ダブルス(日本選手を抜粋)
準々決勝

青山修子/CHAN, Chin-Wei(台湾) vs BOVINA, Elena(ロシア)/BRATCHIKOVA, Nina(ロシア)

1回戦

青山修子/CHAN, Chin-Wei(台湾) 6-3 6-4 ●KRAJICEK, Michaella(オランダ)/タチヤナ・マレク(ドイツ)[1]
○BOVINA, Elena(ロシア)/BRATCHIKOVA, Nina(ロシア) 6-1 6-4 ●中村藍子/瀬間詠里花
※カッコ[]内数字はシード順位、WC:主催者推薦出場、Q:予選通過者、Ret.:途中棄権