★女子世界ツアー・WTA BNPパリバ・オープン 大会
■$4,500,000 BNP Paribas Open – Indian Wells, USA(Hard)
現地11日、米国のインディアンウェルズで行われているBNPパリバ・オープン(WTAプレミア・マンダトリー、ハード)のシングルス2回戦が行われ、世界ランク56位のクルム伊達公子(40歳)は、第19シードで同ランク21位のアナ・イバノビッチ(23歳、セルビア)に、4-6 2-6のストレートで敗れ3回戦進出はならなかった。


日本でも人気の高いイバノビッチとの対戦は、昨年のバリでの最終戦に続き、イバノビッチに軍配が上がった。
イバノビッチは少ないチャンスをものにした。3度掴んだブレークチャンスを全てブレークに成功したのに対し、クルム伊達は2度訪れたブレークチャンスをものに出来なかった。試合時間は1時間11分、トータルポイントでも62対48でイバノビッチが大きくリードを奪った。
これで日本勢は大会から姿を消すことになった。
◆関連サイト
シングルスドロー(大会公式サイト)
ライブスコア(大会公式サイト)

WTA Premier Mandatory :$4,500,000 BNP Paribas Open

女子シングルス(日本選手を抜粋)
2回戦

アナ・イバノビッチ(セルビア)[19] 6-4 6-2 ●クルム伊達公子

1回戦

クルム伊達公子 6-4 7-5 ●ヤロスロワ・シュウェドワ(カザフスタン)
○張帥(中国)(Q) 6-2 2-6 7-6(4) ●森田あゆみ
○アンナ・チャクベタゼ(ロシア) 7-6(0) 6-1 ●土居美咲(Q)

女子シングルス予選(日本選手を抜粋)
予選決勝

土居美咲 6-2 6-2 ●ミリヤナ・ルチッチ(クロアチア)[16]

予選1回戦

土居美咲 7-5 6-4 ●シャネル・シェパーズ(南アフリカ)[6]
○KEYS, Madison(米国)(WC) 6-4 6-4 ●波形純理[20]
※カッコ[]内数字はシード順位、WC:主催者推薦出場、Q:予選通過者、Ret.:途中棄権