★グランドスラム
■US Open – New York, USA (Hard)
7日、USオープン(米国/ニューヨーク、ハード)は大会10日目を迎えたが、前日に続き、会場は雨に見舞われた。デイセッション(昼の部)は、男子シングルスの4回戦が開始されたが、いずれも3、4ゲームを消化した時点で降雨のために中断、試合は翌日に延期になった。ナイトセッション(夜の部)は、女子シングルスの準々決勝4試合が同時に開始される予定だったが、こちらも結局、降雨のために翌日に延期になった。


USオープンは、大会9日目、10日目と2日連続で試合を消化することができなかった。
大会11日目となる木曜日は、ボトムハーフ男子シングルスの4回戦4試合、トップハーフの準々決勝2試合。女子は、シングルスの準々決勝4試合と、勝ち残っている男女の選手全員が登場する異例の事態となっている。
しかし、現地ニューヨークは木曜日も雨が心配される予報となっており、予断を許さない。
大会11日目は、日本時間9日金曜日の午前0時に始まる。(現地との時差-13時間)
◆関連サイト
男子シングルスドロー
女子シングルスドロー

グランドスラム: USオープン

男子シングルス
準々決勝

【トップハーフ】
ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1] vs ヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)[20]
ロジャー・フェデラー(スイス)[3] vs ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)[11]
【ボトムハーフ】
未決定

4回戦

【トップハーフ】
ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1] 7-6(14) 6-4 6-2 ●アレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)[22]
ヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)[20] 7-5 6-7(3) 7-5 6-2 ●フアンカルロス・フェレーロ(スペイン)
ロジャー・フェデラー(スイス)[3] 6-1 6-2 6-0 ●フアン・モナコ(アルゼンチン)
ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)[11] 6-4 6-7(5) 3-6 6-4 6-2 ●マーディ・フィッシュ(米国)[8]
【ボトムハーフ】
ジョン・イスナー(米国)[28] 延期 ジル・シモン(フランス)[12]
ドナルド・ヤング(米国)(W) 2-1 延期 アンディ・マリー(英国)[4]
ダビド・フェレール(スペイン)[5] 1-3 延期 アンディ・ロディック(米国)[21]
ジレ・ミュラー(ルクセンブルク) 3-0(0-15) 延期 ラファエル・ナダル(スペイン)[2]

女子シングルス
準々決勝

キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)[1] vs アンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)[10]
セリーナ・ウィリアムズ(米国)[28] vs アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)[17]
アンジェリーク・クルベール(ドイツ) vs フラビア・ペンネッタ(イタリア)[26]
サマンサ・ストーサー(オーストラリア)[9] vs ベラ・ズボナレワ(ロシア)[2]
カッコ[ ]内数字はシード順位、Q:予選通過者、W:主催者推薦出場