★女子テニス・WTA Premier 5大会
■$2,050,000 TORAY PAN PACIFIC OPEN, TOKYO, JAPAN(Hard)
28日、東京都江東区有明テニスの森で開催されているWTAプレミア5大会、東レ・パン・パシフィック・オープン・テニス(ハードコート)は大会4日目を迎えた。


世界第1位、大会第1シードのキャロライン・ウォズニアッキ(21歳、デンマーク)が、エストニアのカイア・カネピ(26歳)にフルセットの末に敗退した。両者は共にベースライン上に強力なストロークの壁を築いて戦うタイプだけに、少しのミスが勝敗を左右する。ウォズニアッキは「勝てていたはずの試合だった。もっと違う展開を使えば良かったとも思うが、相手のテニスが最後まで攻撃的で良かったのだと思う」。試合後のウォズニアッキは、敗戦の悔しさを噛み締めながらそう話した。だが、「ナンバー1選手は全選手からターゲットにされ、自分のベストのテニスでぶつかってくる。もっとレベルアップしないといけない」と、負けてなお強気の姿勢を崩さないのが、ウォズニアッキの強さの理由だろう。
勝ったカネピは「彼女に勝ったのももちろんだが、それよりも自分のプレーがすごく良かったことがうれしい」と笑顔を見せた。カネピは強烈なストロークをライン上に突き刺し続けてウォズニアッキのバランスを崩し、ミスを誘いだした。ほとんどのボールがラインの上に落ち続ける緊張感の高いラリーを制し、試合に勝ったのは、ショットの正確性で世界の頂点に立ったウォズニアッキではなく、重く、深いボールで攻撃を続けたカネピだった。
昨日、全米覇者のサマンサ・ストーサー(27歳、オーストラリア)を倒したマリア・キリレンコ(24歳、ロシア)は好調を維持。アナ・イバノビッチ(23歳、セルビア)が途中で腰を傷めるアクシデントもあったが、コートを俊敏に駆けまわってボールに食らいつき、相手により厳しいボールを打たなければとプレッシャーをかけ続けたキリレンコの迫力勝ちと言っていい試合だった。
ドイツの新鋭、ユリア・ゲルゲス(22歳、ドイツ)と対戦したのはマリア・シャラポワ(24歳、ロシア)だ。「お互いにベストとはいえないテニスだったが、タイブレークでいいプレーができたのが良かった」とシャラポワは言う。シャラポワは1stサービスの確率こそ73%と高い数字を出したが、ダブルフォールトが11本。大事なポイントで1stがなかなか入らずゲームメイクに苦しみ、ストローク力では自分を上回るパフォーマンスを持つゲルゲスを相手に、ラリーでもリスクを取って攻め続けるしかない状態だった。それでも勝てたのは、富と名声を手にした今でもなお「今も朝起きてコートに出ると、また自分が上達しているのを感じられる。もっと勝ちたいし、ナンバー1にも戻りたいし、たくさんの大会で優勝してトロフィーを掲げたい」とストレートに話せるシャラポワのハングリーさゆえのことだろう。
シャラポワの準々決勝の相手は、今年のウィンブルドンの決勝で敗れた相手であるペトラ・クビトバ(21歳、チェコ)。「あれはタフな敗戦だった。彼女には強くて深いボールと凄いサービスがある。明日は自分のプレーレベルを上げて、それを出させないように戦いたい」と決意を口にした。一発の攻撃力が高い選手同士の戦いは、一瞬の間の取り合いになるものだけに、高い集中力を維持できるかがカギとなる。どちらが強く勝利に執着できるかに注目だろう。
◆関連サイト
ライブスコア(大会公式サイト)
大会特集

WTA International:東レ・パン・パシフィック・オープン・テニス

シングルス
準々決勝

カイア・カネピ(エストニア) vs アグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)[9]
ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)[3] vs マリオン・バルトリ(フランス)[7]
マリア・キリレンコ(ロシア) vs ベラ・ズボナレワ(ロシア)[4]
ペトラ・クビトバ(チェコ)[5] vs マリア・シャラポワ(ロシア)[2]

3回戦

カイア・カネピ(エストニア) 7-5 1-6 6-4 ●キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)[1]
アグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)[9] 2-6 6-4 6-0 ●エレナ・ヤンコビッチ(セルビア)[8]
ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)[3] 6-3 7-5 ●シャハー・ピアー(イスラエル)[16]
マリオン・バルトリ(フランス)[7] 6-2 6-1 ●彭帥(中国)[10]
マリア・キリレンコ(ロシア) 6-3 6-1 ●アナ・イバノビッチ(セルビア)[12]
ベラ・ズボナレワ(ロシア)[4] 6-1 6-2 ●イベタ・ベネソバ(チェコ)
ペトラ・クビトバ(チェコ)[5] 6-1 7-6(4) ●バニア・キング(米国)
マリア・シャラポワ(ロシア)[2] 7-6(4) 7-6(4) ●ユリア・ゲルゲス(ドイツ)[13]

2回戦

キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)[1] 6-1 6-7(4) 6-3 ●ジャーミラ・ガイドソバ(オーストラリア)
カイア・カネピ(エストニア) 6-2 6-2 ●ココ・バンダウェイ(米国)(Q)
アグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)[9] 3-6 6-6 6-3 ●アンジェリーク・クルベール(ドイツ)(Q)
エレナ・ヤンコビッチ(セルビア)[8] 6-4 6-2 ●バルボラ・ザーロバ・ストリツォバ(チェコ)
ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)[3] 6-1 6-3 ●イリーナカメリア・ベグ(ルーマニア)
シャハー・ピアー(イスラエル)[16] 6-3 6-1 ●クララ・ザコパロバ(チェコ)
彭帥(中国)[10] 6-0 6-3 ●クリスティーナ・マクヘイル(米国)
マリオン・バルトリ(フランス)[7] 6-3 0-6 6-3 ●森田あゆみ
マリア・キリレンコ(ロシア) 6-2 4-6 6-4 ●サマンサ・ストーサー(オーストラリア)[6]
アナ・イバノビッチ(セルビア)[12] 7-5 6-4 ●ローラ・ロブソン(英国)(W)
イベタ・ベネソバ(チェコ) 6-4 6-2 ●ドミニカ・チブルコバ(スロバキア)[14]
ベラ・ズボナレワ(ロシア)[4] 7-5 6-0 ●ツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)
ペトラ・クビトバ(チェコ)[5] 6-2 6-3 ●マンディ・ミネラ(ルクセンブルク)(Q)
○バニア・キング(米国) 6-4 7-6(6) ●アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)[11]
○ユリア・ゲルゲス(ドイツ)[13] 6-2 6-1 ●グレタ・アーン(ハンガリー)
マリア・シャラポワ(ロシア)[2] 6-2 7-5 ●タマリネ・タナスガーン(タイ)

1回戦

キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)[1] BYE
○ジャーミラ・ガイドソバ(オーストラリア) 1-6 6-2 7-5 ●レベッカ・マリーノ(カナダ)
○ココ・バンダウェイ(米国)(Q) 7-6(4) 4-6 6-2 ●鄭潔(中国)
カイア・カネピ(エストニア) 3-6 6-4 6-4 ●フラビア・ペンネッタ(イタリア)[15]
アグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)[9] 6-1 6-1 ●土居美咲(W)
○アンジェリーク・クルベール(ドイツ)(Q) 6-1 6-0 ●ボヤナ・ヨバノフスキ(セルビア)
○バルボラ・ザーロバ・ストリツォバ(チェコ) 7-6(2) 4-1 Ret’d ●アナスタシア・セバストバ(ラトビア)
エレナ・ヤンコビッチ(セルビア)[8] BYE
ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)[3] BYE
○イリーナカメリア・ベグ(ルーマニア) 1-6 6-3 6-4 ●カロリナ・プリスコバ(チェコ)(Q)
○クララ・ザコパロバ(チェコ) 3-6 6-3 6-1 ●ウルシュラ・ラドワンスカ(ポーランド)(Q)
シャハー・ピアー(イスラエル)[16] 4-6 7-5 6-1 ●クリスティナ・プリスコバ(チェコ)(W)
彭帥(中国)[10] 6-2 6-0 ●ジル・クレイバス(米国)(Q)
○クリスティーナ・マクヘイル(米国) 7-6(1) 6-3 ●タミラ・パスゼック(オーストリア)
森田あゆみ 7-5 6-1 ●イリーナ・ファルコーニ(米国)
マリオン・バルトリ(フランス)[7] BYE
サマンサ・ストーサー(オーストラリア)[6] BYE
マリア・キリレンコ(ロシア) 6-1 6-0 ●瀬間詠里花(Q)
○ローラ・ロブソン(英国)(W) 6-2 6-2 ●アレクサンドラ・ドゥルゲル(ルーマニア)
アナ・イバノビッチ(セルビア)[12] 6-4 6-0 ●アナスタシア・ロディオノワ(オーストラリア)(Q)
ドミニカ・チブルコバ(スロバキア)[14] 2-6 6-3 6-0 ●マグダレナ・リバリコワ(スロバキア)
イベタ・ベネソバ(チェコ) 6-2 6-4 ●アナスタシア・ヤキモバ(ベラルーシ)
○ツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア) 7-6(2) 6-1 ●ヒセラ・ドゥルコ(アルゼンチン)
ベラ・ズボナレワ(ロシア)[4] BYE
ペトラ・クビトバ(チェコ)[5] BYE
○マンディ・ミネラ(ルクセンブルク)(Q) 1-6 6-3 6-3 ●クルム伊達公子
○バニア・キング(米国) 6-1 6-0 ●張帥(中国)
アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)[11] ●6-4 6-3 アランツァ・ルス(オランダ)
○ユリア・ゲルゲス(ドイツ)[13] 6-3 6-4 ●ポーリーン・パルマンティエ(フランス)
○グレタ・アーン(ハンガリー) 7-5 6-3 ●ソフィア・アルビドソン(スウェーデン)
タマリネ・タナスガーン(タイ) 6-4 6-4 ●ペトラ・チェトコフスカ(チェコ)
マリア・シャラポワ(ロシア)[2] BYE

ダブルス(日本選手のみ抜粋)
1回戦

○リーゼル・フーバー(米国)/リサ・レイモンド(米国)[1] 6-1 6-3 ●藤原里華/森田あゆみ(W)
○ラケル・コップスジョーンズ(米国)/アビゲイル・スピアーズ(米国) 7-6(5) 6-4 ●クルム伊達公子/張帥(中国)

シングルス予選
予選最終ラウンド

○アンジェリーク・クルベール(ドイツ)[1] 6-1 7-5 ●カイチェン・チャン(台湾)[10]
○ココ・バンダウェイ(米国)[2] 4-6 6-4 6-3 ●SPEARS, Abigail(米国)
ウルシュラ・ラドワンスカ(ポーランド)[3] 4-6 6-2 6-1 ●藤原里華[16]
○MINELLA, Mandy(ルクセンブルク)[11] 5-7 7-5 6-3 ●アラバン・レゼー(フランス)[4]
○ジル・クレイバス(米国)[5] 6-1 7-5 ●不田涼子
○PLISKOVA, Karolina(チェコ)[14] 6-2 6-1 ●飯島久美子[18]
○アナスタシア・ロディオノワ(オーストラリア)[7] 6-1 6-0 ●DIYAS, Zarina(カザフスタン)[13]
瀬間詠里花[8] 1-6 6-1 6-4 ●ラケル・コップジョーンズ(米国)(W)

予選1回戦

○アンジェリーク・クルベール(ドイツ)[1] 6-2 6-3 ●高雄恵利加
○カイチェン・チャン(台湾)[10] 3-6 7-6(2) 6-1 ●手塚玲美(W)
○ココ・バンダウェイ(米国)[2] 6-3 6-2 ●中村藍子
○SPEARS, Abigail(米国) 7-5 0-6 6-2 ●GOJNEA, Madalina(ルーマニア)[12]
ウルシュラ・ラドワンスカ(ポーランド)[3] 6-4 6-4 ●沢柳璃子(W)
藤原里華[16] 6-2 6-2 ●浜村夏美(W)
アラバン・レゼー(フランス)[4] 6-1 2-6 6-4 ●加藤未唯(W)
○MINELLA, Mandy(ルクセンブルク)[11] 6-2 7-6(4) ●尾崎里紗(W)
○ジル・クレイバス(米国)[5] 7-5 6-0 ●石津幸恵
不田涼子 6-4 6-4 ●波形純理[15]
飯島久美子[18] 6-1 6-1 ●米村明子(W)
○PLISKOVA, Karolina(チェコ)[14] 6-2 6-2 ●青山修子(W)
○アナスタシア・ロディオノワ(オーストラリア)[7] 6-2 6-0 ●岡あゆみ(W)
○DIYAS, Zarina(カザフスタン)[13] 6-1 6-3 ●井上明里(W)
瀬間詠里花[8] 6-4 6-1 ●江口実沙
○ラケル・コップジョーンズ(米国)(W) 6-1 6-3 ●瀬間友里加[17]
※カッコ[ ]内数字はシード順位、W:主催者推薦出場、Q:予選通過者