satoshi_saida_20111127.jpg11月27日、千葉県柏市の吉田記念テニス研修センター(TTC)で、第21回NEC全日本選抜車いすテニス選手権大会(JWTA MASTERS)のシングルス決勝が行われ、男子シングルスでは、19年連続出場となった世界ランク8位の齋田悟司(39歳)が藤本佳伸(35歳)を、7-6(10-8) 6-0のストレートで下し12度目の優勝を飾った。


yui_kamiji_20111127.jpg女子シングルスでは、世界ランク9位で17歳の高校生、上地結衣が、4年連続の決勝対決となった堂森佳南子(36歳)との一戦を、6-2 6-2 で制し、4年連続4度目の優勝を飾った。
syota_kawano_20111127.jpgクァード(重度障がい者)クラスは、第1シードの川野将太(26歳)が諸石光照(44歳)を決勝で下し2度目の優勝を飾った。川野は昨年は第1シードながら初戦で苦杯を喫していただけに嬉しい優勝となった。
世界ランク1位の国枝慎吾(27歳)はUSオープンで痛めた肘が完治せず、本大会を欠場している。
今シーズンは、本大会の後には大きな大会はなく、来年のパラリンピック・イヤーに備えて、選手がオーストラリアンオープンに向けて十分な休養をとることができるようにJWTA MASTERSの開催を早めて実施された。
◆関連サイト
男子シングルス決勝戦の動画(モバチュウ)
解説:車いすテニスと一般テニスとのルール上の違いは、2バウンドまで許される点のみ。2バウンド目はコートの外でも構わない。レベルが上がるほど、1バウント、ノーバウンドのラリーが多くなる。テニスのラリーに加え、「チェアーワーク」と呼ばれる車いすの操作も勝負を分ける重要な要素となる。
写真提供:横山芳治、上から、齋田悟司、上地結衣、川野将太、クリックで拡大

2011 NEC JWTA MASTERS

男子シングルス 決勝トーナメント
決勝

○齋田悟司 7-6(8) 6-0 ●藤本佳伸

準決勝

○齋田悟司 7-5 6-2 ●三木拓也
○藤本佳伸 6-4 6-1 ●岩田守

男子シングルス 予選ラウンドロビンA
選手 齋田 岩田 平手 勝敗 得失セット 順位
齋田悟司 2-0 2-0 2-0 3-0 6-0 1
岩田守 0-2 2-0 2-0 2-1 4-2 2
平手貴博 0-2 0-2 2-0 1-2 2-4 3
藤良一 0-2 0-2 0-2 0-3 0-6 4
男子シングルス 予選ラウンドロビンB
選手 藤本 本間 三木 竹田 勝敗 得失セット 順位
藤本佳伸 2-0 2-0 2-0 3-0 6-0 1
本間正広 0-2 0-2 2-0 1-2 2-4 3
三木拓也 0-2 2-0 2-0 2-1 4-2 2
竹田浩之 0-2 0-2 0-2 0-3 0-6 4
女子シングルス 決勝トーナメント
決勝

○上地結衣 6-2 6-2 ●堂森佳南子

準決勝

○上地結衣 6-2 6-2 ●岡部裕子
○堂森佳南子 6-4 6-2 ●古玉佳苗

女子シングルス 予選ラウンドロビンA
選手 上地 堂森 大前 上木原 勝敗 得失セット 順位
上地結衣 2-0 2-0 2-0 3-0 6-0 1
堂森佳南子 0-2 2-0 2-0 2-1 4-2 2
大前千代子 0-2 0-2 2-1 1-2 2-5 3
上木原舞美 0-2 0-2 1-2 0-3 1-6 4
女子シングルス 予選ラウンドロビンB
選手 岡部 古玉 井上 石本 勝敗 得失セット 順位
岡部裕子 0-2 2-0 2-0 2-1 4-2 2
古玉佳苗 2-0 2-0 2-0 3-0 6-0 1
井上由美子 0-2 0-2 2-0 1-2 2-4 3
石本直美 0-2 0-2 0-2 0-3 0-6 4
クァードシングルス
決勝

○川野将太[1] 6-3 6-2 ●諸石光照[2]

3位決定戦

○平田眞一 6-2 6-3 ●當間寛

1回戦

○川野将太[1] 6-3 6-2 ●平田眞一
○諸石光照[2] 6-0 6-1 ●當間寛
※[ ]内数字はシード順位