5月30日(木) フレンチオープン4日目
大会4日目、添田豪が台湾の盧彦勲と組んで昨年の楽天ジャパンオープンダブルス優勝のマレー兄組を破り、単複を通じてグランドスラム大会での初勝利を飾った。
女子ダブルスではクルム伊達公子/藤原里華はチェコのペアにフルセットで惜敗した。
森田あゆみのダブルスは昨日シングルスの勝利後に行われ、第2セット途中で体調不良のために棄権している。


フレンチオープン4日目 今日も快晴。日差しはしっかり強いが、日陰に入ると何とも気持ちいい。
プレイヤー達にとってもやはり暑いだろうと思うが、厳しいトレーニングしているからこのくらいは大丈夫だろう。
フランス語の単語帳を暗記しながら運動もかねて会場まで約1時間強、歩いていく。
「あっ! 危ない~!」犬の落し物だ! クソー!
パリの街は相変わらずこの犬の落し物がメチャクチャ多い。(それとタバコの吸い殻も)
少しでも気を許すとフンを踏んでしまう。
清掃車が水を噴射してこれを飛ばしながら町を掃除していくが、その水で時折シューズを洗いながら歩く。そうしないといつ踏んだのかさえ、わからないのだ?
ナントも困った国だ!犬の落し物を取っていかない飼い主は罰金にするべきだ!
ほとんど全員が払う事になるだろう。
<男子ダブルス1回戦>
◎添田豪/盧 彦勳(台湾) 76(5) 46 63 ●C Ball (AUS) / J Murray (GBR)
添田がルーに声をかけられてダブルスに出場を決めたと言う。
二人はツアーそして全日本実業団でもシングルスで対戦していると言う。10回以上らしい。
対戦相手はアンディ・マレーの兄(36位)とオーストラリアのデ杯選手ボール。
マレー兄は弟のマレーと組み、昨年の楽天ジャパンオープンで優勝している。
マレー、ボール 共に身長190cmを越えるビッグサーバー。
2人とも左利き。やりづらい~!
第1セット
タイブレーク、2-1アップ。
添田のバックリターンが足元へ。3-1リード。ナイス・リターンだ!
添田のオンラインサービスワイドで4-2。
マレーのポーチスマッシュで4-4。
ルーの2本のサービスで6-5とセットポイント。
添田のフォアリターンをボールはフォアボレーミス。
タイブレークを7-5で第1セットアップ。
第2セットは4-6で落とす。
ファイナル・セット
2-1でマレーの第4ゲーム、添田のフォアポーチで0-30。
ルーのフォアアングル沈めたのをマレーがスーパーバックハーフドロップボレーを決める。2-2とキープされる。
ボールの第6ゲーム、サービスは異常に速い。キープして3-3。
添田の第7ゲーム、ルーのバックハイボレーウィナーはいいバランス。
ボレーボレーで添田のフォアダウンザラインボレーウィナー。
これはその前に添田のフォアボレーが緩く落としたのがうまかった!
また、ルーのバックハイボレーウィナーで4-3キープ。
とても2人は噛み合っているぞ!
マレーの第8ゲーム、40-0からルーのバックダウンザラインリターンエースでジュース。
ルーがフォアダウンザラインを抜いて、ブレーク・ポイント。
ここで添田がボレーボレーに持ち込み、添田のバックスイングボレーが決まる。
お~!待望のブレークだ。しかも、40-0からだから向こうのショックは大きいぞ!
ルーの第9ゲーム、ボールのミスが目立つ。
最後もボールのフォアボレーがネットを越えず、6-3。
添田が笑ってルーを出迎える。グランドスラム初勝利だぁ~!
おめでとう~!
添田のインタビュー
「作戦は立てなかった。お互いの特徴はよくわかっていた。
ステイバックしてストロークで攻撃して、相手のボレーミスを誘う。
集中を切らさずにやること。
左と左のペアの方がサービスに慣れてくるので、特にやりづらいことはなかった。
左と右の方がやりづらい。
試合やる前はボレーをしつこくやってくるイメージがあったが、やってみると意外にボレーミスもあったので、いつかチャンスがくると思っていた。
しつこくやった結果、勝てた。
ダブルスとはいえグランドスラム初勝利は嬉しい。気持ち的に楽になった。
今後にも自信になっていい影響を与えると思う。
グランドスラムにはダブルスに一度予選はあるけど、本戦は初めてです。
シングルスランキングを利用できるので、やはりシングルスを高くしておけば、こういうチャンスが来る。
ジュニアの時もグランドスラムはフレンチしか勝っていなかったので、縁があると思う。
クレーは外人が強く日本人の人が躊躇するかもしれないが、僕もそうだったし、意外に競れるし、苦手意識を払しょくするのがいいと思う。
苦手意識、メンタルを改善すれば日本人にもチャンスが出てくる
慣れれば適応できると思う。
もし、ダブルスでもオリンピックに出られれば今日のようなプレーをしたい。
ただ緊張した場面ではダブルスでは何をしたらいいか?まだわからないけど。勉強中です。
ウインブルドンは、チャンスがあればオリンピックの事も考えて、(錦織)圭と組んでやるかもしれない。」
男子ダブルスドロー
<女子ダブルス1回戦>
◎Voracova/Zakopalova (CZE) 6-4 2-6 6-3 クルム伊達公子/藤原里華
「ファイナル・セットの私のゲームでもう少しリスクを負ってでも積極的なプレーをすればよかった。」
以前は伝説の人(伊達)が隣にいるだけで上ずってしまったが、今は距離が近くなって、少し冷静でいられるようになった。
コペンハーゲンで優勝した時もいくぞ!とハッパをかけてくれた。」と藤原里華。
伊達は
「対戦相手のボラロバの遅いストロークとザコパロバの速いストロークに戸惑った。
2人ともダウン・ザ・ラインに打ってくるのが好きだと言うことはわかっていたのだが。」
「この後、5日後(来週)にはイギリスの芝の大会に出る。」
「添田君や伊藤君はこの今の男子の世界のレベルでここまできたのがすごい!
トップ100にいるのはとてもすごいこと!
日本のスポーツ界にもっと評価されていいと思う。」とクルム伊達公子。
昨日の<女子ダブルス1回戦>
◎スキアボーネ/ペンネッタ (ITA) 6-2 2-0 ret. ●森田あゆみ/Cirstea (ROU)

「シングルスが終わってからめまいがあった。
ダブルスに入ったあたりから体調が悪くなった。お腹が痛くなってトイレに行った。下痢の状態。」
「トレーナーが言うには次の試合にリカバリーするだけの時間がなかった。」
「ゆっくり休んで栄養とれば大丈夫だと思います。
シャラポワ戦頑張ります。」と森田あゆみ
2012フレンチオープン
ローランギャロ、パリ、フランス
本戦 05/27 – 06/10, 2012 全仏日程表
男子本戦ドロー
女子本戦ドロー
男子ダブルスドロー
女子ダブルスドロー
男子予選ドロー
女子予選ドロー
その他ドロー
オーダー・オブ・プレー
ライブスコア
パリ時刻 (時差-7時間)
(記事 テニスジャパン 森下 泰)