6月26日(火) ウィンブルドン DAY02
錦織圭のツアー復帰戦となったウィンブルドン。
錦織は1回戦で51位の M ククシキン (KAZ) と対戦、見事ストレート勝利を上げた。
2回戦は予選から勝ち上がってきたフランスの Florent SERRA (31歳、137位、最高ランキング36位)と対戦する。
添田豪も1回戦にストレート勝利した。
添田にとってこの勝利はグランドスラム大会初勝利、7回目の挑戦の末の嬉しい勝利だった。
勝った添田は2回戦で第9シードのデルポトロと対戦する。
錦織も添田も同じ山のドロー、共に2回戦で勝つと16強入りをかけて錦織圭対添田豪の対戦になるのだが!
伊藤竜馬の1回戦が行われ、伊藤は第1セットを競りながらタイブレークで落とし、2セットダウン、第3セットを2-5から3-5、相手のサーブで30-30 で雨と日没で順延された。
この日予定されていたクルム伊達公子の1回戦は雨などの中断などで進行が遅れキヤンセル、27日の第1試合となった。


<1回戦>
◎19)錦織圭 7-5 6-3 6-4 ●Mikhail KUKUSHKIN (KAZ)
錦織圭は、4月27日、バルセロナ・オープン準々決勝ベルダスコ戦、第1セット2-4のところで腹筋痛で途中棄権した。
それから治療、レハビリ、トレーニングを積み、今日がちょうど2ヶ月ぶりの公式戦。
対戦相手の M ククシキン (KAZ) は51位、24歳、183cm、ツアー優勝1回している。
錦織は過去にククシキンと3度対戦(予選1試合も含み)、いずれも勝利している。
ただ錦織にしてみると、「バックが安定していて、強いクロスが返ってくる。やり辛い相手」と、やや苦手意識を抱いていたようだ。
ストロークに粘りがあり、突然テンポを変えて攻めて来るククシキンとの試合を、錦織は試合前から「ストローク戦になる」と予想し挑んでいた。
K02W103s.jpg
第1セット
腹筋を痛めていた間、一番練習ができなかったというのがサーブ。
最初のポイントは、セカンドサーブを相手に叩かれ奪われる。
だがそこから、エース級のサーブを3本決めて最初のゲームをキープ。
まずまずの立ち上がり。
それでもやはり久々の実戦の影響か、ショットに錦織本来の鋭さが見られない。
第3ゲームではバックのミスが目立ち、ブレークを許して1-2となった。
錦織の動きに、徐々に伸びやかさと粘りが見られ始めたのが、第1セット中盤以降。
第8ゲームでは、警戒していたバックでの打ち合いで相手を勝る場面が目立つ。
2度のデュースの後、錦織がブレークバックに成功し4-4となる。
そして6-5で迎えた相手のサービスゲームでは、積極的に深いストロークで攻める錦織。
最後は、浮いたボールを豪快な“エアK”で叩きこみ、第1セットを7-5で奪った。
第2セット
第1セットの良い流れを継続し、相手のサービスゲームをいきなりブレークだ!
鋭い回転の掛かったフォアの強打が、気持ち良いほどに相手コートに刺さっていく。
だが第3ゲームで、足首を捻るアクシデントが!
大丈夫か?「捻った直後は痛かったし、焦った」という錦織。
精神的同様がプレーにも影響し、直ぐにブレークバックされてしまう。
足の痛みが引いてきたのか?再びプレーも躍動感を増す。
さらには相手にもミスが増え始めた。
第8ゲームでは、相手がブレークポイントでダブルフォルトを犯し、5-3と錦織がリード。
続くゲームではセットポイントでエースを奪い、第2セットも6-3で取った。
2セットアップだ!
第3セット
2セット連取で気持ちも楽になったか、錦織が最初のゲームをいきなりブレーク。
第5ゲームでも、相手のミスもありブレークして4-1と大きくリードする。
ここで少しホッとしたか、次のゲームでブレークバックされてしまった。
「2ヶ月実戦から離れ、試合勘が失われていた」と錦織は反省する。
それでも最後は再び集中力を高め、5-4からのサービスゲームはラブゲームキープ。
「ベストのプレーでは無かった」と言いながらも、復帰戦そしてウィンブルドンで初勝利をストレートで力強くつかみとった。
錦織は2回戦でフランスの F セラ (31歳、137位、最高ランキング36位)と対戦する。
セラは1回戦で同じく予選上がりの A Kuznetsov (RUS) を 3-6 7-6(3) 6-4 4-6 6-4 で破り勝ち上がってきた。
勝つチャンスがありそうだ。
錦織の2回戦は6月28日(木)の予定だ。
大会データー:
2012 ウィンブルドン
ウィンブルドン、英国
128ドロー、芝
本戦 6/25 – 7/08, 2012
オーダー・オブ・プレー
ライブ・スコア
ロンドン現地時刻(日本との時差は-8時間)
ウィンブルドンの天気
<男子1回戦>
◎添田 豪 6-3 6-2 6-1 ●Igor KUNITSYN (RUS)
<男子1回戦>
伊藤竜馬 6-7(6) 3-6 3-5日没順延 Lukasz KUBOT (POL)
54位(最高ランキング7位)、190cm、30歳、ツアー準優勝2回
<男子1回戦>
◎9)J del Potro (ARG) 6-4 3-6 7-6(3) 7-5 ●R Haase (NED)
男子本戦ドロー
錦織 圭 ブログ
錦織 圭 データー 1989年12月29日生まれ 22歳
添田 豪 ブログ
添田 豪 データー 1984年9月5日生れ 27歳
伊藤竜馬 ブログ
伊藤竜馬 ATPデーター 1988年5月18日生れ 24歳
6月27日(水)オーダー・オブ・プレー
クルム伊達公子の1回戦がコート16の第1試合
森田あゆみの2回戦、第30シードの Shuai Peng (中国)戦がコート14の第2試合
伊藤竜馬の順延された1回戦がコート10の第2試合に予定されている。
女子本戦ドロー
女子ダブルスドロー
男子ダブルスドロー
男子シングルス予選ドロー
女子シングルス予選ドロー
その他のドロー
増田健太郎日本デ杯コーチ ウィンブルドン ブログ
谷澤英彦コーチ (NHKウィンブルドン解説者) ブログ
(記事 テニスジャパン 塚越 亘)