失敗とどう向き合うかが成長への鍵

Palm%20and%20his%20Dad.jpg
〈タイのローカルトーナメントTOYOTA(8/6)でU12優勝、U14準優勝のPalm〉

「失敗とどう向き合うか」
成長する上で、とても重要な事です。
どんな選手でも失敗はするものですが、その失敗を糧にして、次に繋げていくかどうかが、成長の鍵になります。



失敗から目を背けず、失敗を検証して成功に繋げることが出来るかどうか。
検証をする事で、改善策や新たな気づきが生まれる事でしょう。
つまり、失敗を失敗のままで終わらせていては、成長のチャンスを失っているという事なります。

そういった意味で、テニスは必ず失敗をするスポーツですから、人生の中でもミスをした時に、どう対処していくかという力を身につけるのは、うってつけですね。
テニスを頑張る事は、人として成長してく為にもとても大切な事なのだと、書きながら私も改めて考えさせれています。

今回、U12とU14の両方で優勝を狙っていたPalmですが、残念ながらU14は決勝で負けてしまいました。親御さんから、試合の動画を頂いたので、確認し、技術的に足りない部分を本人と話し合い、現在課題に取り組んでいます。
大会には見に行く事が出来ないので、親御さんには、動画を頂く等の協力をして頂けると、大変助かります。
選手の成長には、選手、親御さんとコーチの関係が上手くいっている事が、とても重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロアスレチックトレーナー武井敦彦オフィシャルブログ|プロアスレチックトレーナー武井敦彦オフィシャルブログ – 情熱のトレーニング –