ウインドミルの万能性とは 5つのシチュエーションより

前回のブログの最後で、プレーの幅を広げる万能なショットのウインドミルと紹介しましたが、
ウインドミルを習得する為に、気をつけること

万能性について具体的に5つのシチュエーションに分けて、動画にてご説明します。

1. 高さを使い相手のポジションを下げる(動画 4:29)

2. 角度を使い相手のバランスを崩す(3:25)

3.パッシングショット(0:50, 1:37, 2:39, 3:45)

4.低いボールのアプローチショット(4:56)

5.リターン(0:50, 1:44, 3:25)

上記の動画は、「錦織圭選手 相手の重心の逆をつくプレー 」としてまとめたもので、決してウインドミルの動画を集めたわけではないのですが、リターン、オフェンス、ディフェンス、ニュートラルとほぼ全てのシチュエーションで、錦織選手はウインドミルを使用しているのが見てとれます。

変化をつける為のショットとして、ウインドミルは錦織選手にとって、欠かせないショットなのでしょうね。

ウインドミルは、スピン量が通常よりも多くなるので、動かされた時にも、スイングをしてボールをコートの中に入れることが出来るので、とても安全なショットです。

また、相手にとって、常にラケットをスイングされるということは脅威になります。

このウインドミルを習得したい。
ウインドミルを使用した戦術を学びたいという方は、この夏私たちのアカデミーが日本で行うキャンプ、allout ZERO1 2014にご参加してみてはいかがでしょうか?

allout ZERO1 2014 詳細

また、バンコクに来て頂いてこちらで、じっくり取り組む事も可能です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレーヤー関口周一オフィシャルブログ|プロテニスプレーヤー関口周一オフィシャルブログ – Moon Light Power –