【allout beat 2018 戦術】ミスを誘うダウンザラインとその対処(ラリー)

前回紹介した戦術
ミスを誘うショットを意識的に打つ
のラリーでのポイント練習の紹介です。

503 ミスを誘うダウンザラインとその対処

球出し:ダウンザラインを想定し、アドサイド側から。最初のスタートの位置も同様。

プログラム 
ラリー 向かってくラットショット
重要ポイント
常にラリーの中で変化をつけ相手にリズムをつかませない。低いボールは無理をせずウィンドミルで打つ、もしくはダウンザラインを選択しない。ボールをバックで受ける側は精度が落ちるので必ずブレーキングを使うこと。
相手の心理と行動
なぜか精度が落ちてしまい、アンフォースドエラーが多くなってしまう。 

前もって身につけていて欲しい戦術

・相手のバックハンドダウンザラインをクロスコートにウィンドミルで打てるようにしておくこと

・逆クロスのラットショットを、打てるようにしておくこと

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレーヤー宮原未穂希オフィシャルブログ|プロテニスプレーヤー宮原未穂希オフィシャルブログ- Precious –