久保杏夏が準決勝へ進出/ヨーロッパ遠征 Day16

  •  クロアチア第ニの都市スプリットの郊外のソリンで開催されているテニスヨーロッパ14歳以下カテゴリー3も今日がシングルス準々決勝だ。

久保杏夏は相手のフランスの選手の力強い回転のかかったボールにてこずり僅差で第1セットを先取すると危なげないプレーでセカンドセットは前後左右に相手を動かし圧勝、明日の準決勝へ駒を進めた。

フランスの選手は見た目は上手くないがフィジカルは強く同じリズムで力強いラリーが始まると調子をあげて来ていた。非力な日本人は相手の土俵で戦わないのが大切な戦法の1つだ。特に杏夏は14歳以下一年目フィジカルの差をカバーしなければならないのだ。

午後行われたダブルスでは久保駒田ペアがスロバキアのペアを下し明日の決勝戦へ駒を進めた。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロアスレチックトレーナー武井敦彦オフィシャルブログ|プロアスレチックトレーナー武井敦彦オフィシャルブログ – 情熱のトレーニング –