緩急つけたテニスが必要不可欠、全米前哨戦

アメリカ遠征 DAY4
カナディアンオープンジュニア大会2日目2回戦半分が行われた。シードで2回戦からスタートの堀江亨はファーストセット落としながらもファイナルセットで3回戦へ駒を進めた。

亨は持ち前のテンポの良いプレーで攻めたが相手にダメージを与えきれずセカンドセット以降は上手く緩急をつけたプレーで地力を見せファイナルセット64で粘る香港のタングを振り切った。

日本人が世界で生き残る為には緩急をつけたテニスが必要不可欠だ。空間、スペース、テンポを使いゲームメイクで力強い海外の選手のリズムを狂わせ隙を突いて攻め込むのが目指したいテニスだ。

キャンプ開催!
多彩且つ試合でのタフさを磨こう!
日時 9月13日から17日まで
場所 白子テニス村 ホテルカアナパリ
連絡 TEAM YONEZAWA(チームヨネザワ) 米沢または長嶋まで

TEAM YONEZAWAのコンタクトはこの2人以外には存在致しませんのでご注意下さい。
https://sites.google.com/site/teamyonezawa/

image

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレーヤー吉備雄也オフィシャルブログ|プロテニスプレーヤー吉備雄也オフィシャルブログ – BREAK THROUGH –