南米遠征 Day12 高地は意外と非力な日本の選手に向いている

G1エクアドル本戦がスタートした。午前中雨で12時のスタートだった。1回戦では田島尚輝と永田杏里が危なげない内容で2回戦へ駒を進めた。

2人ともエクアドルの選手が相手だったので苦戦を予想していたがここ数日でタイミングを上手く掴んでいる様子だ。尚輝は持ち前の多彩なプレーに最近自信をつけているサービスで相手を翻弄、杏里は丁寧なグランドストロークでチャンスを作りネットで仕留めると言う展開だ。

心配された高地での心配(心肺)機能の問題はそれほど無く選手たちは元気に動いている。高地は以外(意外)と非力な日本の選手に向いていてボールが普段に比べると数メートル良く飛ぶせいか深いボールが良く入っている。ボールも軽いので打ち込んだボールが有効打になり易い感じだ。

南米遠征DAY12

image2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレーヤー江口実沙オフィシャルブログ|プロテニスプレーヤー江口実沙オフィシャルブログ – みさぐると –