コースと球種が混ざる事/ヨーロッパ遠征 Day13

シングルスの行われた午前中は最高の天気だったが午後のダブルスは雨の中での試合となった。

シングルス本戦一回戦の久保杏夏は同じ年のハンガリーのトップの選手を寄せ付けず二回戦へ駒を進めた。杏夏は多彩なプレーと正確なコントロールで粘る相手を圧倒した。ラリー力は変わらないがコースと球種が混ざると粘りきれなくなるのがテニスのゲームだ。

杏夏と駒田光音のダブルスは開始から雨模様だったが審判の判断で最後までプレー競りながらもストレートで二回戦へ駒を進めた。

終わった後は近くの芝生でランニングをして1日を終えた。

キャンプ募集!
TEAM YONEZAWA 5月恒例のキャンプを開催します。多彩なテニスを目指したい選手待ってます!
今回は夏に向けて心身共に鍛えるキャンプです!

期間:5月7日から11日まで
場所:白子テニス村
ホテル:カアナパリ
TEAM YONEZAWAの公式ホームページ
https://sites.google.com/site/teamyonezawa/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレイヤー守屋宏紀オフィシャルブログ|プロテニスプレイヤー守屋宏紀オフィシャルブログ – HIROKI STYLE –